« インターネット業界と維新の志士 | トップページ | 意見交換から沢山のアイデアが出てくる »

2000年7月31日 (月)

維新の志士の話 つづき

 早いものでもう8月ですね。最近システムの構築やプログラミングといった実作業に入っていますので、よけいに1日が早く感じられます。昔からそうでしたが、私や塩田はプログラミングやシステムをいじっているときに独り言をよく言います。ですから、最近はお互いに独り言をぶつぶつ言いながら作業をしていて、気がついたら夜中になっていて「もう帰らなきゃ」という感じで日々すぎています。

 前回↓のコラムで書いたことは、それなりに共感していただけたようで、何人かの方からメールをいただきました。実は前回はあえて書かなかったのですが、維新の志士の話には続きがあります。それは明治政府樹立後の権力闘争についてです。明治政府が樹立されてしばらく経つと、維新の功労者とされた第三世代の志士達は次第に表舞台から消えていきました。高杉は病死、坂本・中岡両名は維新前夜に暗殺され、大久保も明治5年(だったかな?)に暗殺されましたし、西郷とその一党は西南戦争で一掃されました。こうして次第に、維新の時点ではまだまだ小物だった山県や伊藤等に権力が移動して行きました。明治政府下で実際に莫大な利益を得たのは、実は第四世代志士とも言える人々だったワケです。
 インターネット革命でも、もしかしたら後に第四世代の人々が出現して利益を傍受するのかもしれませんが、我々がそんなことを考えていては誰も革新を産むことは出来ません。第一・第二世代を否定するのではなく、現在の我々に出来ることをヤルだけやってから考えた方が良いと思います。

 話は変わりますが、ちょっとだけこのコラムの趣旨に基づいた話を書いてみたいと思います。最近起業関係の書籍を2冊程読みました。

  • 「ベンチャーキャピタリストが語る 起業家への提言」
    スタートアップ研究会著、税務研究会出版局
  • 「起業と株式公開への戦略 ザ・ベンチャーキャピタル」
    スティーブ・ハーモン著、ソフトバンクパブリッシング
 上の本は、起業家に求められる人物像から、実際の財務戦略立案に必要な要素の解説まで、下の本は、米国VCの実体をインタビューを元にして書いたもので、著者自身もVC業界に近い人物です。上の本は、複数の人を共著なので内容にばらつきがありますが、日本のVCの人が書いていることもあり、今後の資金調達をする上で参考になりました。下の本は実在の米国VBの名前を挙げて解説されており、ファイナンスの数字なども掲載されていて、非常に興味深く読みました。米国の真似をすることが全てではありませんが、実際に日本のVC活動が米国に比較して遅れているということを考えると、情報としては有用だと思いました。

 実際に起業を考えている方も結構多いとは思いますが、まずはこのような本を読んでみることが良いのではないでしょうか。私も実感していますが、やはりサラリーマンとは全く異なる世界ですので、下準備をするのは必要だと思います。勿論準備を十分にしたからといって巧くいくものでもないし、だいち準備に時間をかけていたらチャンスを逃してしまうでしょう。ある程度の気構えが出来ればいいのではないかと思います。

|

« インターネット業界と維新の志士 | トップページ | 意見交換から沢山のアイデアが出てくる »

悠々閑々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661175

この記事へのトラックバック一覧です: 維新の志士の話 つづき:

« インターネット業界と維新の志士 | トップページ | 意見交換から沢山のアイデアが出てくる »