« ソフトウェア系VBと日本語体系の問題 | トップページ | 起業家・投資家交流会にてプレゼン »

2000年9月22日 (金)

日本はインターネット後進国

 前日の米国市場終了後に、インテルが業績の下方修正を行ったため、今日の日本市場には『インテルショック』が走りましたね。日経平均株価も492円も下げて、終値は1万5818円とまたもや1万6000円割れ。ここのところ全く冴えません。これを受けてマザーズ/ナスJを初めとするベンチャー銘柄も全面的に低迷しています。今後の勉強のために、Yahoo掲示板のいくつかの銘柄をチェックしていますが、もう罵詈雑言・誹謗中傷の嵐のところもあり、IR対策に追われるベンチャー経営者の苦悩が目に見えるようです。去年まではベンチャー天国のような状況だったのに、と思っている経営者は多いでしょうね。でもしょうがありません、これが現実ですから受け入れるのみですね。

 最近の我々の状況はあまり変化がありません。この会社を始めようと最初に思った時(昨年12月くらい)の予想より、日本のネット浸透状況が遅れていること以外は、おおむね順調に進んでいます。技術的にはやっと熟してきて、これからますます面白くなりそうだと読んでいます。

 前回も書きましたが、それにしても日本はネット技術に後れを取っていますね。大体何をやろうとしても日本語の文献がありませんから、結局JavaにしたってSunのページを読んで進めています。この状況は我々だけが実感しているワケではないと思いますが、なぜか日本のマスコミはこの事を書きませんね。今や日本はインターネット後進国ですよ。アジア諸国の中だけをとっても中進国くらいです(韓国やシンガポールの方が進んでいます)。これはインフラだけの話ではありません。提供されているサービス、システム構築力、ソフトウェアの技術力、全ての話です。それなのに世間の話題はインフラ整備ばかりで、それもNTTの接続料をどうするといったレベルの議論が盛んです。いったいいつまで国民に電話回線でネットに接続させるつもりなのか? すでにシンガポールには国中に光ファイバー網が張りめぐらされているんですよ。(T.T)

 と少し熱くなってしまいましたが、何とか我々のシステムを世に出して、世間をあっといわせてやると考えている今日この頃です。巧くいけば『あっ』は無理でも『おっ』ぐらいはいけるかな?(-.-)

|

« ソフトウェア系VBと日本語体系の問題 | トップページ | 起業家・投資家交流会にてプレゼン »

ベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661178

この記事へのトラックバック一覧です: 日本はインターネット後進国:

« ソフトウェア系VBと日本語体系の問題 | トップページ | 起業家・投資家交流会にてプレゼン »