« ホンの1年で様変わり | トップページ | 最初に苦労して良かったと思うこと »

2003年2月10日 (月)

インフルエンザでダウン

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。1月中に更新しようと思っていたら、つい2月になってしまいました。今月は納品案件が複数立て込んでいて、忙しいかな?と思っていたら、案外仕事がはかどって時間が出来ています。ちょうど良いので来期の計画や体制などを考えていますが、来年はAlternaxをよりメジャーな製品にする年になるように計画しています。会社の状況は色々と変化しているのですが、上手い具合にここに書ける話は少ないです。春先ぐらいから、いくつか発表できる事柄が増えると考えていますが、なかなかサブマリンも難しいですね。

 さて、更新が遅くなったのは忙しいからだけではなく、私が1月中にインフルエンザでダウンしてしまったことも原因です。ちょうど納品が週末に重なっていた時で、金曜日ぐらいから調子が悪かったのですが、熱がある中で土日に仕事が入ってしまい、無理をして仕事をしていたら、翌週の水曜日から猛烈な高熱(max40℃)が出てしまいました。あまりに熱が高いので、医者に行って注射を打ってもらおうと思ったら、先生に「ワクチンは感染から48時間以内じゃないと効かないんだよねぇ。あなたみたいに拗らせちゃったら、最低3日間ぐらいは寝てないとダメだよ。」と言われ、結局予言通り、4日間寝て過ごすことになりました。

 実は40℃以上出たのは久しぶりで、以前にも2回ほど記録したことがあります。前回は、大学院1年の春にミャンマー(旧ビルマ)に旅行したときでした。その時は、地方のマンダレーという街でちょっと酷い状態になってしまい、人生で初めて入院してしまいました。このときは、薬が無くてかなりヤバイ状態でしたが、何とかヤンゴンの友人宅に電話で連絡して、助けてもらうことが出来ました。その後の予定が詰まっていたので、結局3日入院しただけで退院してしまいましたが、無理をして旅行を続けていたら、結局その後バンコクで再び倒れてしまい、また1週間ほど入院してしまいました。どうも高熱が出ると身体感覚のどこかが壊れてしまうようで、このときは都合2週間ぐらい調子が悪かったですね。実は今回も、熱が引いた後1週間ぐらいは頭がボーっとしていて、足下がふわふわした感じが続いていましたから、これも後遺症だったのかもしれません。最近やっと直った気がします。

 話は変わって、この業界のこと。最近段々と分かってきたのですが、当社はこの業界でも非常に珍しい部類に入るようです。業務用パッケージベンダーで、既にIPOしている先行企業は多数いますが、公開目論見書等でその履歴を調べてみると、初期の売上が非常に早く立ち上がっている場合が多いです。これは、その製品の原型が、何らかの形で既に出来ていたことを示していると考えられます。実際に、エンジニアの方々はお分かりでしょうが、パッケージとして競争力と汎用性を持った製品は、スクラッチで開発を開始してホンの数ヶ月間で完成する甘いものではありません。一部の当事者に話を聞いてみる限り、創業者が前職時代に開発していた半製品を持って起業しているケースが多いようですね。それに対して、当社は無謀にも(笑)全くのスクラッチでAlternax®を1年半掛けて開発しました。このような研究開発型のソフトベンダーは、シリコンバレーに代表される海外にこそ多いのですが、日本国内では余り見かけないようです。

 これらの経験を通じて分かった(気付いた?)事がいくつかあるのですが、長くなりましたので続きは次回にします。

|

« ホンの1年で様変わり | トップページ | 最初に苦労して良かったと思うこと »

ベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661207

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザでダウン:

« ホンの1年で様変わり | トップページ | 最初に苦労して良かったと思うこと »