« 2005年8月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月28日 (金)

セキュリティ・トークン

 先日、顧客企業からID・パスワードに加えて物理認証を加えたい、即ち「two-factor authentication」を実施したいとのご要望をいただきました。早速、Alternax Securekeyの説明に伺ったのですが、Alternaxと組み合わせる場合には、当然に社外スタッフのサポートをどうするかという課題に突き当たります。USBトークンは安くて、軽くて、便利なのですが、USB故にドライバインストールという作業が発生してしまい、社外スタッフのITリテラシーが低い場合にはサポートに難渋します。

 その点でこの自動生成番号方式は楽なので良いですね。私も前の会社で海外出張時に持たされていました。但し、渡辺さんが書いている通り、

"しかし個人的に、「製造元が犯罪組織」よりも大きな問題となるのが
「私がトークンをなくす」
ということだ。物をなくすのが大変得意なので。「やれやれ、またひとつ失くして困るものが増えたよ」とため息をついております。"
On Off and Beyond: Citibank Token: オンラインバンキングのセキュリティ

という事態も結構発生し、そのたびに再発行作業が必要となるなど、意外と面倒なことが起こります。この辺を解決するソリューションって無いものでしょうか?

 それはそれとして、渡辺さんご指摘の日本におけるオンラインショッピングのセキュリティには問題が多いですね。私も使っていますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

 「営業マンは断ることを覚えなさい」の著者による続編的な本です。

 後半は少しダレた感じになってしまいますが、序盤の広告宣伝投資に対する考え方、中盤の人材投資に対する考え方は参考になりました。

特に

"経営における「投資」とは、不確実なものや手段にお金を使うこと"
というくだりは、当たり前のことなのですが、改めて考えさせられました。

 また、「会社を大きくする投資」の順番を、「販促→採用→教育→環境整備→システム」とステップ化しているところもこの本の良いところだと思います。往々にしてこの手の本は、「やらなければならないこと」は列記されていても、実際にそれをどの順番でやるべきかは書いていないことが多いので、自分の考えを整理する意味でも有用でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google AdWordsに出稿

 Google AdWords広告を始めました。

 実はお恥ずかしいことに、今の今まで当社は広告に全く投資をしてきませんでした。確かに、宣伝広告無しに大手クライアントを獲得したことは、それなりに素晴らしいことではありますが、これから当社が順調に成長するためには、集客からクロージングまでの自動化された仕組みが必須になると考えています。

 従来のソフトウェア業界であれば、まずセミナーの開催が順当な手段でしたが、昨今のお客様の行動パターンを鑑みると、自ら製品やソリューションを探す方が増えているのではないかと思います。そして、その際には必ずといって良いほど検索エンジンを利用しています。それならば、今後はセミナーなどの人間的な手段とは別に、自動化されたSEMの手法が必要なのではないかと考えた次第です。

 B2Cビジネスの方からすれば「そんなの当たり前ジャン」の一言で終わってしまうかもしれませんが、これまでの当社はそのようなことを考えていませんでした。

 AdWordsの良いところは「小さく、直ぐに始められる」ところですので、まずは簡単なところから数値化して効果測定につなげたいと考えています。ある程度効果が計れた場合には、もっと大規模なSEMを展開する予定です。経過報告はまた別途。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

破壊されるのはメディアビジネスだけではない

 FIFTH EDITIONさんのところの記事。主にメディアを中心としたGoogleの影響に言及しているが、後半はゲームやソフトウェアについても書かれている。

"「低コスト競争」という土俵でも、ネットとは戦わざるをえない。この先、この戦いは延々と続く。こちら側をどうするかを、本気で考えないといけない。記事の質などの「高付加価値」競争も大事だが、新規参入のプレーヤーが現れた以上、「低コスト化」競争には否応なしに巻き込まれる。その相手と戦う以上は、「低コストのビジネスモデル」は急務である。

これがわかっていないと、自分たちの相手が、どの競争優位をもって戦いを挑んできてるかを、理解していないと、間違った戦略で相手に挑むことになる。低コストで戦いを挑んできた相手には、より低コストで戦う以外にはない。"


FIFTH EDITION: 書評「ウェブ進化論」と「グーグル Google」。そしてメディアビジネスの競争構造の変化。

 ネットの脅威は当社が生息しているエンタープライズシステム業界にもヒタヒタと迫ってきている。上記の文章はメディアについて表現されたものだが、これをそのままエンタープライズ・ソフトウェアに置き換えたとしても何ら違和感はないのである。

 この大波がやってくることが確実なのであれば、やはり「あちら側」に立って波に乗る以外にはないのだろうな、と確信する今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフィール

<年齢>
1970年生まれ 35歳

<専門分野>
東京農工大学大学院機械システム工学科 修士課程修了
専攻はメカトロニクス工学(ロボットとかFEMとか)です。

<職務経験>
本田技研株式会社にて2輪車のエンジン開発に携わった後、近未来型地域交通システム(ICVS)プロジェクトにて、車の共同利用モデルの研究開発に取り組みました。同プロジェクト在籍中に考え付いたオブジェクトの最適配置技術を具現化するため、2000年3月に株式会社オレガを設立して代表取締役に就任し、現在に至ります。

<家族>
妻と娘(1歳)の3人家族です。最近、娘が可愛くて仕方ありません。
夫婦そろって親バカ街道まっしぐらというところ。

<趣味>
会社を興してからはもっぱら仕事になってしまいましたorz。
以前は、海外旅行とかバンド組んだりしていたんですが・・・

<ITとの接点>
1980年(10歳)からPCを始め、プログラミングに嵌りました。最初に買ったのはシャープのMZ-80で、BASICからスタートしてAssemblyに行き、PASCALやらLOGOとかも触りました。高校時代は少し遠ざかっていましたが、大学に入ってから再び触るようになり、FORTRAN、C、C++なども扱うようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webサイト&ブログのリニューアル

 昨日夜にWebサイトとこのブログをリニューアルいたしました。

 この企画自体は昨年12月から進めていたのですが、社名変更とそれに伴うロゴデザイン作成や各種手続きなどで若干遅れてしまい、昨日の公開となりました。これらのデザインはすべて株式会社IMJに依頼し、Webサイトの方はCMSとしてIMJの「Web Meister2.0」を採用しました。

 正直に言って、これまであまりWebサイトに投資をしてこなかったのですが、昨今の状況を鑑みるにSEOやSEMなしにビジネスが出来ない状況となりつつありますので、今回は当社にしては大きな投資をすることとなりました。今回を契機に、Googleのアドワーズ広告などにも積極的に投資をしていこうと考えています。

 また、このブログも暫くの間更新が滞っていましたが、こちらも積極的に展開していく予定ですので、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成分分析

ちょっと前にはやった成分分析をしてみました。

三好修の成分解析結果 :

三好修の25%は波動で出来ています。
三好修の23%はハッタリで出来ています。
三好修の20%は運で出来ています。
三好修の14%は苦労で出来ています。
三好修の6%は心の壁で出来ています。
三好修の3%は利益で出来ています。
三好修の3%は言葉で出来ています。
三好修の3%は勇気で出来ています。
三好修の2%は小麦粉で出来ています。
三好修の1%は歌で出来ています。

「ハッタリ」と「運」で約半分に達するとは・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

amzlshのテスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2006年5月 »