« はい、カメ星人です! | トップページ | 夫婦別姓問題って何だろう? »

2006年6月 7日 (水)

風船ゲーム

 以前来社いただいたレオス藤野社長の記事を読んだので、折角だから引用してみる。

"法律は人の手によって作られ人の手によって守られる。人というのは大衆の合意であり、原則的には政治家によって作られるのである。政治家は国民による選挙によって選ばれている以上、多くの国民が理解できないことや不快に思うことが通り続けることはない。"
RHEOS REPORT:天才だったが・・・ - livedoor Blog(ブログ)

 う~ん、基本的に同意である。同意ではあるのだが、恐らく堀江さんとか村上さんとかも、これらのことは分かっていたのではないだろうか。結果として違法行為をしてしまったこと自体はきちんと責められるべきであるが、「じゃあ、普通の人が運だけであそこまで駆け上がれたのか?」と問われると、やはりその答えは否であろう。例え悪人であろうと、その悪人の世界で短期間に登って行く要素が運だけということはなく、必ず何らかの才覚が求められるはずだ。(藤野さんの表現では天才ということになるのだろうが)

 では、その才覚があるはずの人物が、同じように落ちていく光景を何度も見るのは何故だろうか?

 私としては、ドンドンと膨らんでいく風船をたらい回しにする風船ゲームのように、彼らがお金のパワーというか、得体の知れない何かに背中を押されていたのではないかと考えてしまう。ベンチャーを取り巻く株式のゲームも当然中に含まれるが、自分の周辺の状況から想像しても、成功すればするほどそのような力に囲まれる可能性が高くなるように感じる今日この頃である。

|

« はい、カメ星人です! | トップページ | 夫婦別姓問題って何だろう? »

ベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661249

この記事へのトラックバック一覧です: 風船ゲーム:

« はい、カメ星人です! | トップページ | 夫婦別姓問題って何だろう? »