« 新しい潮流は常に帰納法的アプローチである | トップページ | アフォード・ビジネス・コンサルティング設立 »

2006年6月28日 (水)

Ray Ozzie氏はGoogleに勝てるのか?

Ray Ozzie氏はGoogleに勝てるのか?

 元Microsoftのエンジニアであった中島さんのところの記事。

"このメモを読むと分かるが、Ozzie はなかなかすばらしい。彼は、過去5年間に Google がサーチで、Skype が VoIP で成し遂げたことを、「本来なら Microsoft が成し遂げるべきだったもの」と具体的に指摘し、Office がインターネットの標準ファイルフォーマットにはなれなかったこと、RSS がデファクトになりつつあること、草の根的なスクリプト言語による rapid development の重要性などを、ものすごくストレートに述べている。Bill GatesとSteve Ballmerが、絶大なる信頼を寄せるのも納得できる。"
Life is beautiful: 新しい Microsoft を引き継ぐのは Ray Ozzieか?

 個人的な見解であるが、Bill Gates会長の後釜は誰がやっても上手く行かないのではないかと思う。恐らく問題となるのは、「単なるCEO探しではなく、会長兼CSA(Chief Software Architect)探しでもなく、Bill Gatesという存在そのものを後継する」ということの難しさであろう。

 世間では散々言われていることだが、Microsoftがここまで強大な勢力に成長できたのは、実は技術開発力によってではない。同社が最初にブレイクさせた製品であるMS-BASICも、言語自体を開発したのはDartmouth大学であったし、OSの世界で標準を取るキッカケとなったMS-DOSも、QDOSという他社製品を買ってきたものだ。同様に現在のドル箱製品であるMS Officeも、元は買収してきた製品を再構成したものが多い。

 但し、私は彼らの製品開発力に文句を言っているのではない。むしろ、技術力自体はいつの時代もかなりのレベルにあったと考えている方だ。そうではなくて、世の中の動きを先読みし、自社にないものは買収してでも調達する、Microsoft社の超攻撃的なビジネススキルがスゴイと言いたいのだ。そしてその行動を率先してきた人物こそがBill Gates氏であることは論を待たない。彼は肩書きこそ、CEOとかCSAとか変わってきているが、彼が彼たる所以は、あくまでも上記のビジネススキルにあると思われる。

 そうだとすれば、この部分こそが「誰もBill Gatesの後釜になれない」という命題を突きつけているのだ。Lotus Notesを世界中にブレイクさせ、Grooveでは自らが起業家となってExit(Microsoftへの売却)を成し遂げたRay Ozzie氏は、確かに実績もスキルも申し分ないのであろう。しかしながら、彼は前述のビジネススキルも兼ね備えているのだろうか? 私はRay Ozzie氏もまた、エンジニアにありがちな「自前で作る」という思想を捨てきれないのではないかと考えてしまう。もしそうであるのならば、Bill Gates氏の後釜には、むしろCISCO SYSTEMSのJohn Chambers会長のようなやり手ビジネスマンの方が上手くはまるのではないだろうか。

 まあ、いずれにせよ、Bill Gates氏の引退が業界に及ぼす影響については、暫く目が離せないだろう。

|

« 新しい潮流は常に帰納法的アプローチである | トップページ | アフォード・ビジネス・コンサルティング設立 »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661252

この記事へのトラックバック一覧です: Ray Ozzie氏はGoogleに勝てるのか?:

« 新しい潮流は常に帰納法的アプローチである | トップページ | アフォード・ビジネス・コンサルティング設立 »