« WebOS再び | トップページ | エンタープライズ2.0? »

2006年8月15日 (火)

ミクシィ上場とWeb2.0のビジネス化

 GoogleとMySpaceの提携発表と時を同じくして、以前から噂されていた通り、国内SNSの雄であるミクシィの上場が発表された。上場時時価総額2000億円(某VC関係者談)とも噂される案件なので、早速公開目論見書を取り寄せて読み込んでみた。

 まず、意外に思ったのは直前期(2006年3月期)売上高18億円の内、2/3の12億円程度が従来からのメインビジネスであるFindjob事業から生み出されていることである。mixi事業の寄与部分は残り1/3の6億円程度でしかない。また、Findjob事業の売上高が直前前期(2005年3月期)から急激に伸びているが、これはmixiの拡大時期と同期しているように見える。mixi事業のブランド力が本業の集客力に繋がったのかどうかは書類上不明だが、少なくともコンシューマが絡む転職サイトビジネスにおいて、知名度向上が有効に作用したであろう事は想像に難くない。

 細かい数字は割愛するが、流動比率やROEから見ても非常に優良な企業であることは間違いない。特に利益率の高さは特筆モノで、営業利益率で50%程度もある。逆に利益率が高すぎて租税負担が重く、企業規模に比較してかなりのキャッシュリッチとはいえ、大規模な投資は中々難しそうである。もしかしたら、その辺りがIPOで資金調達しようとする理由の一つかもしれない。

 興味深いのは売掛金の項目で、上位から
  ①DAC
  ②サイバーエージェント
  ③CCI
  ④GMOペイメントゲートウェイ
  ⑤セプテーニ
となっており、④意外は全てメディアレップ(広告代理店)である。

 ミクシィ社の事業構成から考えて、Findjob事業の売掛金は顧客が求人企業で且つ、概ね小口と想定されることから、「その他」項目の19,000万円がFindjob事業の売掛金であろう。そうなると、必然的に残り4社(①、②、③、⑤)の売掛金がmixi事業のものとなる。レップの売掛金滞留期間がどれくらいかは良く分からないのだが、2ヶ月程度と仮定すると、4社の売掛金合計額が13,000万円であるため、月平均の広告収入は6,500万円となり、年換算して78,000万円/年となる。また同様に、④は有償サービスの決済代行業者と考えられるので、同様に2ヶ月で計算すると900万円/月と推定され、年換算して10,800万円/年となる。これをどう見るかは人それぞれだが、私個人としては「意外に少ないな」というのが実感である。

 米国のNo.1SNSであるMySpaceの場合、ユーザ数が約1億人で広告収入が35億円程度と言われているので、単純計算するとユーザ一人あたり広告収入は35円/ユーザとなる。これをmixiの500万ユーザに換算した場合17,500万円の売上となるので、MySpaceに比べるとmixiはPVの収益化が上手く行っている方なのかもしれない。ちなみに、前述のmixiの推定値をMySpaceに当てはめた場合の広告収入は、単純に20倍すれば良いので156億円程度が見込まれる。

 ここまで考えてみると、下記の引用文もあながち的外れではないことが良く分かる。

"それにしても、GoogleがMySpaceに対して払う額(2007年から2010年にかけて$900M=約1000億円)は破格である。これでNews CorpがMySpaceの買収に使った$580M(600億円強)が無駄ではなかったことを証明できただけでなく、「広告スペースを売る」ことに長けたメディア会社が真剣に取り組めばWeb2.0的なビジネスからもきちんと収入を上げられることを証明したことは価値がある。"
CNET Japan Blog - 中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル

 それにしても、ユーザ数1億人のMySpaceが時価総額600億円程度で、規模からするとその1/20であるミクシィの時価総額が2000億円と予想されているのは、いったいどのように解釈すれば良いのだろうか? バブルと切り捨てるのは簡単だが、楽天にせよ、ライブドアにせよ、皆IPOで調達した資金を利用して大きくなって来た企業である。今回の調達資金をミクシィがどのように利用するのかは分からないが、使い方次第で業界が大きく変わる可能性を秘めているのは間違い無いだろう。

【追記】
 現在の予想株価では、ミクシィの上場時時価総額は1000億円程度とのこと。

|

« WebOS再び | トップページ | エンタープライズ2.0? »

ベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661262

この記事へのトラックバック一覧です: ミクシィ上場とWeb2.0のビジネス化:

» ミクシィの上場に思う [平成ビジネス寺子屋]
日本のSNSの先駆け的存在のミクシィの上場が発表されました。ミクシィのブランド確... [続きを読む]

受信: 2006年8月30日 (水) 06時43分

» [2121](株)ミクシィ当選!!!!!! [ビジネスマンの投資]
最近、IPO投資を始めたとご紹介した私の母と弟ですが、、、なんと母の大和證券の口座で初申し込みの[2121](株)ミクシィが当選していました!! これはうれしいですねー♪♪♪ 7/1から抽選の当選確率UPという... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 08時35分

» Web2.0を考える [頑張れ中小企業]
 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)最大手の「mixi」を運営するミクシィがマザーズに上場しました。  社会的な話題になりましたし、登録ユーザー数が500万人を超えるということで、知ってる!知らない!使 [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 16時49分

» 起業独立開業<実は知らない?Web2.0> [起業独立開業!30代起業人気ブログ]
Web2.0っって本当は何? 最近、インターネットやメディアで目にすることが多くなってきた 「Web2.0」という言葉。 この言葉をはじめて聞いたときは、 「2.0」と呼ばれているだけに何かの新しいソフトかそのバージョンな... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 00時54分

« WebOS再び | トップページ | エンタープライズ2.0? »