« 逆ネズミ講というイメージ?? | トップページ | ウインディ(社員犬)に会ってきた »

2006年9月27日 (水)

成功する社名の付け方

 社名や新サービス・新製品の命名にはいつも苦労する。良く言われる命名法則として、短いもの(日本語4音程度)、インパクトあるもの、何か良いことを連想させるもの、英語にしたときにNGワードにならないもの、などがあるが、「じゃあ実際にどうするの?」となると、途端にコレといったアイデアが出にくくなる。

 洋モノだが、命名規則についてなるほどと思わせる文章がCNETにあった。

"1. 迷ったときは、中世風な名前にすること。Ceragon Networksの「Ceragon」などは良い例だ。

 武器の名前もよいだろう。Crossbow Technologiesなどがそうだ。私の大学時代のルームメイトは起業してこの方法で社名を付けて成功した。その社名とはLightHammerだ。彼がこの名前を選んだのは、「ロード・オブ・ザ・リング」とロックバンドLed Zeppelinの伝記本「Hammer of the Gods」を連想させるからだ。彼はのちにその会社をSAPに売却した。

2. スペイン料理レストランのような響きの名前を使う。Spansion、Taleo、Digitasなど。

3. William Shatner演じる『スタートレック』のカーク船長が戦いを挑む相手のような名前にする。Santarus、Sirtris、DayStar、Questcor Pharmaceuticalsなど。"

成功への第一歩--起業家へ贈る「付けて良い社名、悪い社名ガイド」 - CNET Japan

 著者はVBに詳しい副編集長とのこと。なるほど、最近のかっこいい2.0系VBはこんな風に社名を決めているらしい。

 そうすると、良さげな社名としては、「DragonWarrior(中世ファンタジー風)」とか、「Rapier(中世武器風)」とか、「LaCorona(スペイン料理レストラン風)」とか、「Desslok(宇宙戦艦ヤマト風)」とかがナイスなのか??

|

« 逆ネズミ講というイメージ?? | トップページ | ウインディ(社員犬)に会ってきた »

ベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661270

この記事へのトラックバック一覧です: 成功する社名の付け方:

« 逆ネズミ講というイメージ?? | トップページ | ウインディ(社員犬)に会ってきた »