« いつの間にかオーストリアが消滅! | トップページ | 予想が当たって嬉しい反面、複雑な心境 »

2006年11月26日 (日)

中国ソフトウェアアウトソーシング事情2

 しばらく間が空いてしまったが、前回の続編を書いてみる。

 前回は、「毎年倍々ゲームで売上が伸びている」とか、「いくらでも人材採用が出来る」とか、日本ではちょっと考えられない状況を書いたが、それでは上海と無錫の求人事情はバラ色かというと、どうやらそうでもないらしい。特に上海で顕著だとのことだが、ベテランエンジニアの定着率が著しく低下しているらしく、業界全体の問題として各企業の経営者を悩ませているそうだ。

 当り前の話だが、事業が高成長している企業に経験を積んだ人材が豊富にいる訳がない。成長が倍々ゲームと仮定すれば、常に全社員の半数が新入社員ということになる。しかも、その殆どが新卒であるから、その部隊を率いるマネージャークラスの人材は常に逼迫し、給与もウナギ登りということだ。先の通り、新卒者の初任給は2000元(≒30000円)程度ということだが、これが経験を積んでくると10000元(≒150000円)とかになり、人材市場的に給与が非常に高騰しているとのこと。

 そこで各社は、他社で経験を積んだエンジニアを積極的に中途採用することになるが、転職元の会社も貴重な社内人材を取られては堪らないということで、中国人の旺盛すぎるほどの上昇志向と相まって、自ずと人件費が高騰することになるらしい。またこれだけであれば、単なる中国企業同士の争奪戦であるが、実はそこに欧米系ソフトウェア企業という黒船が来襲しているのが、事態を複雑にしている。

 通常、日本の企業が第三世界の国に進出する場合、現地採用の従業員に対する給与水準は、日本から出向している日本人社員に比べて低いことが多い。もちろん、日本人社員は幹部待遇で現地採用者と職位が違うということもあるだろうが、殆どの場合で現地採用者が社長で、その下で日本人社員が働いているという構図は見かけられない。

 ところが、欧米系企業の場合はそのような(事実上の)職位制限の様なものはなく、例え現地採用の人材でも、優秀な場合はドンドンと昇進の階段を上って行くらしいのだ。また、幹部社員に関しては本国と給与水準の差はなく、中国企業はもちろんのこと、日本企業で働く場合に比較しても、とんでもなく高水準な給与設定になっている。

 具体的に説明すると、月額3000元(≒45000円)も貰えれば十二分に生活できる上海で、欧米系ソフトウェア企業の管理職に採用された場合には、その20倍程度(60000元≒900000円)は貰えるのだ。上海の物価水準でこれだけ給与が高ければ、完全にエクゼクティブであり、同じく高騰している上海のマンションといえども軽く現金で買えるレベルである。

 これだけ差があると、中国企業や日本企業で働くのがバカバカしくなるのは当然で、正直言って勝負にならない。よって、ハイレベルな人材は皆、「転職スゴロク」の上りである欧米系企業を目指して日夜転職を繰り返すこととなる。

 そうなると当然困るのは日系企業を含む現地のソフトウェア企業で、一生懸命育ててきた優秀かつ経験豊富なエンジニアの定着率が低下し、経験の少ない兵隊エンジニアだけが残るという事態になってしまう。これを根本的に解決するためには、給与を上げていくしかないのだろうが、まだまだ物価水準の低廉な中国国内を市場としているのでは、高給を支払うだけの原資が賄えない。こんなこともあって、どの企業も内外価格差を利用して高い利益を稼ぐオフショア開発に注力している面があるようだ。

 純粋に企業経営の面からだけ見た場合、「最もコストが安い国で生産して、最も物価が高い国で販売する」のは当然のセオリーなので、今後はソフトウェア業界においても、オフショア開発などという限定的なカテゴリーではなく、製造業的な本格的生産シフトが起きるのは避けられないのではないかと思う。

|

« いつの間にかオーストリアが消滅! | トップページ | 予想が当たって嬉しい反面、複雑な心境 »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661278

この記事へのトラックバック一覧です: 中国ソフトウェアアウトソーシング事情2:

« いつの間にかオーストリアが消滅! | トップページ | 予想が当たって嬉しい反面、複雑な心境 »