« ホワイトカラーエグゼンプション議論 本当の理由 | トップページ | 「日本社会で起業するため本当に必要な9つのモノ」に対する実感 »

2007年4月 2日 (月)

首都圏の若い男性は、新聞を読まずに通勤中に携帯電話で情報収集

 私はM1層からちょっと上になってしまったが、まさにこの行動パターンである。自宅で新聞は取っていないし、電車の中ではiPodを聴きながら携帯電話でブラウジングしている。もちろん、新聞を全く読まないわけではない。会社では購読しているので必要に応じて読むことは読んでいるのだが、この会社を起業してからネットでの情報収集が日課(仕事)となり、特に紙の紙面を必要としなくなったことは事実だ。しかも、特に困ったこともない。

"これらの結果からM1・F1総研では、首都圏のM1層は、関西・名古屋エリアに比べ、起床後に自宅で「新聞を読む」人が少なく、通勤中に携帯電話で情報収集し、時間を有効活用している実態がある、と分析している。"
首都圏の若い男性は、新聞を読まずに通勤中に携帯電話で情報収集 - CNET Japan

 テレビ番組はラテ欄からEPG(Gガイド)へ、社説等はWebやBLOGへ、ベタ記事はYahoo!などの速報でも十分な上、テレビのニュース番組は比較的良く見ているので特に話題に遅れることも少ないと考えている。

 事実、「新聞の売上は落ちる一方だ」という記事を先日見かけた。正直言って、この先厳しいだろうと思う。ワンセグの予想外な人気を考えてみても、所謂『IT革命』というのはモバイルで完結するのだろう。

|

« ホワイトカラーエグゼンプション議論 本当の理由 | トップページ | 「日本社会で起業するため本当に必要な9つのモノ」に対する実感 »

悠々閑々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23661289

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏の若い男性は、新聞を読まずに通勤中に携帯電話で情報収集:

« ホワイトカラーエグゼンプション議論 本当の理由 | トップページ | 「日本社会で起業するため本当に必要な9つのモノ」に対する実感 »