« こいつはヤバイ | トップページ | RTC設立は何をもたらすか »

2008年9月19日 (金)

世界的リバウンド

 昨日の米国市場は、+200ぐらいから始まって-150まで急降下。明らかに恐慌状態でしたが、RTC(整理信託公社)構想の噂が流れた事をキッカケに、猛烈にリバウンドして+410で終了。なんと、-150くらいから+410と⊿560の超ボラティリティとなりました。

 その時のVIXピークは42 (lll゚Д゚)
  #一見、教科書通りの「大底」形成に見えますね。

 そして、米株高を受けたアジア市場も全面高。日経平均は+431。下降を続けていた上海は、なんと+179(+9.45%)の全銘柄ストップ高というスゴイ事になりました。ちなみに、今現在英国も+449(+9.2%)と恐ろしい状況です。

上海株急反発、9.45%高 全銘柄ストップ高

 春先のリバウンドは3ヶ月くらい継続しましたが、今回はどうでしょうか?

 個人的には「10月初旬までくらいかなぁ」と思っています。そして実体経済に影響が出てくるその次の下落が、本当の暴落でしょう。皆さん、シートベルトのご準備を!

|

« こいつはヤバイ | トップページ | RTC設立は何をもたらすか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/23864461

この記事へのトラックバック一覧です: 世界的リバウンド:

« こいつはヤバイ | トップページ | RTC設立は何をもたらすか »