« ついにJ-REITが破綻 | トップページ | ベーシックインカムってどうなんだろう »

2008年10月13日 (月)

CDSの損失は意外と小さい?

10日にリーマンのCDS清算会議が開催されましたが、当初の予想と異なり(?)、プロテクションの売り手から買い手への支払額は、7000億円程度と少なかったようです。私も意外に思って色々と調べてみると、どうやら日経をはじめとする(日本の?)メディアがミスリードしていたらしい。

・タイムリーにDTCCが声明を発表し、Lehmanに関してDTCC内でプロテクションの売り手から買い手に支払われる金額は60億ドル程度としている。他のレポートでも目にしたが、ネットの元本はグロスの元本の100分の1程度というのが"rule of thumb"なのだろうか。DTCCはアメリカの保管振替機構のDTCを子会社に持ち、CDSについては取引確認書の照合やプレミアムのネッティング決済などのサービスを行なっているが、全世界でCDSの90%以上がDTCCを経由しているとされている。

いつものあげ足取り(続)

先日書いたGSEの精算についても、日経Web記事では「相当な損失」とされていましたが、結局相対取引である以上は、清算価格がプロテクション額の8.6%(リーマンの場合)であろうと、残額の91.4%を受取るプロテクションの買い手が存在し、その買い手も別のプロテクションの売り手であることから、グロスで40兆円あってもネットでは数十分の一のリスクであるらしいのです。言われてみれば、当たり前ですが・・・

とすると、いくらなんでも今回の急落は悲観的過ぎるかもしれません。

欧州も、12日開催の緊急首脳会談で銀行間取引の政府保証を行うらしいですし、これは先週金曜日が当面の底だった可能性も高いですね。

まあ、米国はこの段階で持ち直すレベルのダメージではないのですが、国際的にドル買いの協調介入が匂ってくる状況では、次の下落は年明けになるかもしれません。日本のリバウンドは、11,000円くらいまでですかねぇ?

|

« ついにJ-REITが破綻 | トップページ | ベーシックインカムってどうなんだろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/24465000

この記事へのトラックバック一覧です: CDSの損失は意外と小さい?:

« ついにJ-REITが破綻 | トップページ | ベーシックインカムってどうなんだろう »