« 正体見たりという気がするのだが・・・ | トップページ | 3年ぶりの上海 その1 »

2009年6月 3日 (水)

江島さんの失敗に思う

LingrとRejawが5月末をもってサービス終了で、インフォテリアUSAは会社精算、江島さんは(恐らくインフォテリアを離れて)USに残留する予定なのだという。

5月末をもって、LingrRejawの両サービスをシャットダウンすることになりました。いずれのサービスも、すでに新規サインアップは受付停止済み、5月15日までユーザデータのダウンロード依頼を受け付け、5月16日からは新規発言ができなくなり、5月末の完全停止までの間にデータをダウンロードしていただく段取りになります。

LingrとRejawサービス終了のお知らせ

ご自身で失敗要因の分析をされておられ、US事情など中々に興味深いところもあるのですが、私が読む限りでは「最初から失敗コースを進んでいたのではないか?」と感じます。

自分自身がこれまで会社を経営してきて、VCから資金調達をし、顧客や事業提携先企業を探し回り、新製品や新サービスの立ち上げと挫折を乗り越えてきた、その経験から思うに、マネタイズを含めたビジネスの立ち上げ方法は昔から2通りしかなく、

  1. 外部資金(VCとか)を最大限活用してパワーゲーム
  2. 手金で小さくブートストラップ

のどちらか選択になります。そして、残念ながらその中間はありません。

USの場合、これまでの成功事例を見る限り、1を選択するには最低10億円程度がアーリーステージで必要だと思います。それが用意できない場合は必然的に2になりますが、そうであれば、無収入の状態でバーンレートが年6,000万円以上というのは、ある意味で自殺行為ではないでしょうか。

インフォテリアUSAは、ピーク時でフルタイム4名の体制で操業していました。シリコンバレーの人材に払う年俸は日本の相場と比べて格段に高い(一概に言えませんが、ざっくり言って2倍近く)のと、医療保険は会社が指定するワンプランのみ提供のかわり100%会社負担というシンプルなスキームにしていたこともあり、最大で年間5000万円近くが人件費として必要となっていました。

インフォテリアUSAの資本がいかほどかは分かりませんが、私から見ると1と2の間を進んでいたように感じますね。そういう意味で江島さんのケースは、「技術者出身社長が資金繰りと営業に注意を払わなかった結果、当たり前のように潰れた」という、ごく一般的な話なのかなと思います。

ただ一つ気になるのは、インフォテリア自体がVC資本を活用して成長した会社なのにも関わらず、インフォテリアUSAには何故外部投資家を入れなかったんでしょうか。村口さんとか居るはずなんですけどねぇ。

いずれにせよ、本件は江島さんにとって通過点にしかすぎないと思いますので、是非再起して、成功する事業やサービスを世に出して欲しいと思います。

|

« 正体見たりという気がするのだが・・・ | トップページ | 3年ぶりの上海 その1 »

ベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/29940481

この記事へのトラックバック一覧です: 江島さんの失敗に思う:

« 正体見たりという気がするのだが・・・ | トップページ | 3年ぶりの上海 その1 »