« 韓国海軍哨戒艦沈没事件 | トップページ | ネット動画で政治が変わるかもしれませんね »

2010年9月 3日 (金)

菅さんと小沢さんでは政治家としてレベルが違いすぎる

民主党代表選で小沢さんが出馬したことに拍手を贈りたいと思います。小沢さんには今までフィクサー的な印象を持っていましたが、今回はきちんと表に出てきてしっかりとした政策を提言しており、正直に言って自分の中で非常に評価が上がりました。個別政策の実現性については今後検証が必要でしょうが、このような「自らが思うところを雄弁に語る」姿勢は、政治家の適性として非常に重要な部分だと思います。

逆に、私の中でもの凄い勢いで評価を下げているのが菅総理とその支援者です。菅さんについては、大変失礼ながら「本当にバカなんじゃないのか?」と思う振る舞いが多すぎます。例えば、代表選での小沢批判として「政治と金」を連呼すること。

競合優位性を確保するためにネガティブキャンペーンを張ること自体は、戦術的には「有り」でしょう。しかしながら、同じ党内の小沢さんをブラック/ダーティであると名指ししておきながら、自らが勝利した場合に挙党一致で小沢さんとも協力していくという主張には、大きな矛盾が有ります。「代表選勝利=自分が最高責任者」であるわけで、その配下に最大派閥としてブラックな集団(小沢グループ)の存在を許すことは自殺行為です。菅さんが主張している通り、政治にはクリンリネスが非常に重要で、その面から小沢さんは首相として不適格であるとする主張の裏には、自分が勝利したら党内から小沢さんを排除する、つまり事実上民主党を割るというロジックがなければなりません。

ところが、菅さんは出馬会見でも、またその後のテレビのインタビューでも、「勝っても負けてもノーサイドである」と発言しています。これはおかしい。代表戦後に野党からこの矛盾を突かれて、「小沢さんの民主党除名」を要求されることは目に見えています。本人もその支援者(主に閣僚)も気付いていないのでしょうか?

そういえば、菅陣営の蓮舫さんが「政治と金戦術はそろそろ控えるべき」と発言したとのことですが、蓮舫さんはこの矛盾に気付いたのか、それとも怪しい空気を読んだのか興味深いですね。

また、組織運営的に言っても、党内最大派閥を味方に付けられない時点でリーダーシップが欠落している印象を持ちます。真のリーダーであれば、何だかんだ言っても数を味方に付ける必要性を認識していますし、その為に必要に応じて妥協もします。実際、今回告示直前で鳩山さんの調整を袖にした行為は、様子見をしていた鳩山グループ50人を敵に廻しただけで、自陣営に有利に働いていないでしょう。衆参ねじれの状況では、自らの政策を実施するために野党との協力が不可欠なはずです。あの状況で鳩山グループを取り込めない人物に対して、各野党が協力するとは思えません。

俯瞰していて面白いのは、マスメディアの現場の雰囲気がここ数日で変わってきたことです。たまたま今日のテレ朝スーパーモーニングを見ていたところ、小沢さんが出演していてレギュラー陣の質問に色々と答えていました。最初は厳しい雰囲気もあったのですが、一つ一つの質問に対する小沢さんの受け答えが非常に真摯且つユーモアに溢れていて、最後の方はスタジオ全体が小沢さんの理解者になったかのような空気でした。メディアも企業ですから各社とも左右に方針があるのでしょうけれど、あの柔和な表情で語られたら、現場の番組スタッフはきっと小沢ファンになるのではないかと感じました。

数日前に同じように菅さんがNHKや報道ステーションに出演していたのも視ました。何と言うか狐に抓まれたような受け答えで、率直に言ってとても総理大臣の器には思えませんでした。色々なところで票読みがされていますが、きっと時間が経つに連れて小沢さんが有利になるだろうと予想します。さて、次の総理はどちらになるのか?

|

« 韓国海軍哨戒艦沈没事件 | トップページ | ネット動画で政治が変わるかもしれませんね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/36525147

この記事へのトラックバック一覧です: 菅さんと小沢さんでは政治家としてレベルが違いすぎる:

« 韓国海軍哨戒艦沈没事件 | トップページ | ネット動画で政治が変わるかもしれませんね »