« 中国は自縄自縛状態に | トップページ | 日本は再び右傾化するだろう »

2010年9月24日 (金)

仙谷官房長官は本当に愚かだ

尖閣諸島漁船衝突事件の容疑者である中国人船長の釈放を決定した件について、那覇地検と政府で責任の擦り付け合いが起こっているようです。

また政府内では、今回の決定が官邸と検察が相談して出した結論であり、発表の直前に法務省からの省庁間連絡として回ったと述べる関係者もいて、仙谷官房長官の説明と食い違いを見せています。
釈放決定、官房長官「那覇地検の判断」

常識的に考えて、一検察機関が外交問題を左右する処理を独自に行えるはずはなく、菅総理と前原外相が留守の現在、本件判断を下したのは仙谷官房長官と考えるのが妥当です。

仙谷氏に関しては、小沢グループへの粛清人事といい、前回の漁船と人員の無条件返還といい、明らかに政治的判断力に問題が有ると言えるでしょう。

もちろん、陰に陽に中国の恫喝が増大している現状で、我々一般国民が知らないところで、経済的、政治的な取引が行われることについては否定しません。しかしながら、本件は領土と主権に絡む国家の基盤となる問題であり、そう簡単に引くことが出来ないのは中国も日本も同じです。それにも関わらず日本だけが一方的な譲歩を行うとは、外交・政治というものが分かっていないとしか思えません。昔、ダッカ事件で日本赤軍が拘留中のメンバーの釈放を要求し、それを当時の日本政府が呑んだ際に国際的に批判されたことを忘れたのか・・・

中国政府相手の取引としても先にカードを切ることになり、交渉上最悪の一手となります。恐らく、レアアースの禁輸処置解除や、昨日身柄拘束されたフジタの4名の釈放を期待しての対応なのでしょうが、仮に中国が強圧的な対応を変えなかった場合にはどうするのか。

百歩譲って「超法規的措置」として対応するのであれば、その判断の責任者は辞職するべきであり、自分の責任をホッかむりしておいて那覇地検に押し付けるなど言語道断です。

今からでもまだ間に合います。中国人船長釈放の撤回と、仙谷官房長官の即時辞任を強く要望します。また、この判断が菅総理の承認の下に行われていたとすれば、菅総理も同罪でしょう。

しかし、前原さんは見事にハシゴを外されましたね。前原さんも抗議の辞任をするか、いっそ民主党を離党したほうが良いのではないでしょうか。

|

« 中国は自縄自縛状態に | トップページ | 日本は再び右傾化するだろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/36906769

この記事へのトラックバック一覧です: 仙谷官房長官は本当に愚かだ:

« 中国は自縄自縛状態に | トップページ | 日本は再び右傾化するだろう »