« 現状ではTPP不参加の方が得策ではないか | トップページ | 平成の井伊直弼 »

2010年11月 8日 (月)

ドラゴンズが負けたのは必然か・・・

延長12回の死闘を制したのは、やはり打力で勝るマリーンズでしたか。ドラファンとしては大変残念ですが、はっきり言って今年は日本一になれるようなチームではなかったですね。

まず、ローテの柱である吉見が全然計算できないですし、セットアッパー陣もリーグ戦の時の出来ではありませんでした。貧打なのは今に始まったことではないので、主な敗因とは思いませんが、バント失敗が重なるのはちょっとどうかと思いました。

また、落合監督の采配もあまり得心できませんでした。例えば、今日の第7戦で吉見が3点目を取られた場面でも、そもそも交代時期が遅いと思いますし、継投が昨日今一だった河原というのもどうでしょう。ドラファンの誰もがテレビの前で「ここはネルソンだろう?」と思ったと思います。また、河原のスライダー制球が甘く、フォークが抜けている場面で交代をしなかったのも解せません。

さらに、堂上に代打平田を出したのも、浅尾を引っ張りすぎて勝ち越し打を打たれたのも、やはり落合采配が外れた部分だと思います。これに対してマリーンズの西村監督はドンと構えてあまり動かず、それがかえって上手くいったように感じました。

まあ、これで今年のプロ野球も終了ですので、両チームにはたっぷりと休養を取ってもらって、また来年白熱した試合を見せて貰いたいと思います。選手の皆さんお疲れ様でした。

|

« 現状ではTPP不参加の方が得策ではないか | トップページ | 平成の井伊直弼 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/37574574

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンズが負けたのは必然か・・・:

« 現状ではTPP不参加の方が得策ではないか | トップページ | 平成の井伊直弼 »