« 平成の井伊直弼 | トップページ | スタグフレーションの入口 »

2010年11月11日 (木)

中国粉ミルク事件 「被害者」に実刑判決???

今日のニュースでは海上保安官が尖閣ビデオの告発者だと名乗り出たことにも驚きましたが、最も驚いたのはコレです。

中国で2008年に発覚した粉ミルク汚染事件で、被害者家族の代表として活動し、公共秩序騒乱罪に問われた北京市の趙連海氏(38)に対し、北京市の裁判所は10日、懲役2年6月の実刑判決を言い渡した。趙氏は上訴する方針。
 趙氏の弁護士によると、同種事案では大半が懲役1年以下の判決。中国では今年に入り再び汚染粉ミルクが流通していたことが発覚するなど食品安全の問題が相次いでおり、今回の厳しい判決には同問題で政府批判が高まるのを抑える狙いがあるとみられる。
中国粉ミルク事件、被害者に実刑 公共秩序騒乱罪

最初はてっきり業者側に判決が出たのだと思って記事を見たのですが、よく読んでみるとなんと被害者代表が捕まっていました。さすが中国!、相変わらず斜め上の展開です。

でも、コレって今回のsengoku38氏の問題と構図が似ていませんか。民主主義を標榜する我が国の政治が中国共産党と同レベルだとすると、実に情けない限りです。

|

« 平成の井伊直弼 | トップページ | スタグフレーションの入口 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

先日より、ブログを拝見させて頂いております。
正しい情報をありがとうございます。とお伝えしたくコメントいたしました。今後もよろしくお願いいたします。

投稿: 松 | 2010年11月12日 (金) 09時24分

松様

コメントありがとうございます。
今後とも皆さんに興味を持っていただけるようなエントリを心がけます。

投稿: miyoshi | 2010年11月12日 (金) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/37615855

この記事へのトラックバック一覧です: 中国粉ミルク事件 「被害者」に実刑判決???:

« 平成の井伊直弼 | トップページ | スタグフレーションの入口 »