« 忍び寄るコストプッシュインフレ | トップページ | 菅v.s.小沢の行方 »

2010年12月13日 (月)

小沢氏は仙菅派を追い出すつもりだろう

民主党の分裂騒ぎが大きくなっていています。特に参院選後の地方選挙で連戦連敗状態が継続しており、昨日の茨城県議選でも候補者24人に対して当選者が6名と大惨敗となりました。

これを受けて報道も過熱。本日の民主党役員会での「小沢氏の政倫審強制招致か!?」というヘッドラインが踊っていました。ところが実際の役員会の結論は、「岡田幹事長に一任」で一気に拍子抜け。そもそも以前から岡田幹事長に一任されていたはずですよね・・・

ちなみに一連の報道では、小沢氏及びその周辺は新党結成も視野に入れて行動しているとされていますが、私はむしろ反対に仙菅派を追い落とす作戦なのではないかと思います。理由は、小沢氏が国会招致カードの掛金を自ら吊り上げている節があるからです。

確かに証人喚問の場合は出席を強制されるだけでなく、虚偽証言を行った場合は偽証罪に問うことが可能ですから、一定の威力があることは事実です。しかし、それは一般人相手の場合であって、今回は百戦錬磨の政治家、それも刑事事件の現役被疑者でもある小沢氏です。小沢氏にしてみれば、勝手知ったる国会の場で殆どが自分より格下の議員(しかも素人)となれば、これまで対峙してきた特捜検事に比べると、子供のようなものではないでしょうか。

また、過去の証人喚問がそうであったように、かの有名な「記憶にございません」というセリフを用いることで、証人は実質的に証言を拒否することが可能です。加えて、小沢氏は代表選で「国会の招致があれば応ずる」と発言しています。であるならば、何故これほどに国会招致を拒むのか? 考えられる理由は、仙菅派の失点狙いと多数派工作のための時間稼ぎです。

恐らくターゲットは、来年1月13日の民主党党大会と同時開催の両院議員総会でしょう。直前の12月26日に宮崎県知事選や西東京市議選等の地方選挙が予定されていますので、松戸市議選⇒茨城県議選ときて地方組織の不安感を焚き付け、地方発の「仙菅降ろし」を扇動する作戦だと思われます。

まあ、ベストシナリオとしては、両院議員総会まで(できれば年内)に小沢氏が国会招致を了承して、仙菅派の反撃ネタを消してしまうことでしょうね。国会招致をクリアすれば、「禊は済んだ」として小沢氏が表に出られる環境も一歩前進します。さて、どうなるか。

|

« 忍び寄るコストプッシュインフレ | トップページ | 菅v.s.小沢の行方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/38070294

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏は仙菅派を追い出すつもりだろう:

« 忍び寄るコストプッシュインフレ | トップページ | 菅v.s.小沢の行方 »