« ガソリン、コーヒー等の値上げ | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月28日 (火)

見事にハメられた菅政権

NHKの速報ですが、小沢氏が鳩山前首相に政倫審出席の意向を伝えたとのこと。これで菅政権は「詰んだ」と思います。

民主党の小沢元代表は、鳩山前総理大臣と会談し、党内の対立の解消に向けて、みずからの政治資金を巡る事件などについて弁明するため、衆議院政治倫理審査会に出席する意向を伝えました。
小沢氏 政倫審出席意向伝える

私の予想がドンピシャに当たったようです。

まあ、ベストシナリオとしては、両院議員総会まで(できれば年内)に小沢氏が国会招致を了承して、仙菅派の反撃ネタを消してしまうことでしょうね。国会招致をクリアすれば、「禊は済んだ」として小沢氏が表に出られる環境も一歩前進します。さて、どうなるか。
小沢氏は仙菅派を追い出すつもりだろう

昨日の会見で菅首相は、「小沢氏が政倫審を拒むのならば離党勧告する」という趣旨の発言をしています。

 12月27日(ブルームバーグ):菅直人首相は27日夕、民主党が衆院政治倫理審査会で小沢一郎元代表の出席を求める議決を通常国会前に行う方針を決めたことに関連し、小沢氏が党の決定に従わず、出席拒否の方針を変更しなければ、同氏自身が自らの離党を含めた出処進退を判断すべきだとの考えを示した。官邸で記者団に対し語った。
菅首相:小沢氏は自ら出処進退判断を-政倫審出席拒否なら

これは裏を返せば、「小沢氏が政倫審に出席するならば離党勧告はしない」という言質を取った形となり、この状況で小沢氏が政倫審出席を承諾した以上、今後強制起訴になった場合でも小沢氏を排除することは非常に困難になるでしょう。

また、これまで支持率低下や地方選連敗の原因を小沢問題にすり替えて来た菅政権としては、国会招致が実現してしまうとこれ以上小沢カードが切れなくなり、状況が大幅に改善されない限りは必然的に手詰まりとなります。

逆に小沢氏陣営は、「禊は済んだ」、「支持率低下は現政権の問題」として、地方組織の反乱をアジテートすることで、3月の統一地方選前に菅政権の退陣を要求する戦略を取るでしょう。

それにしても、小沢さんは自分の商品価値というものを本当によく理解されていると思います。やはり「菅さんと小沢さんでは役者が違う」としか言いようが有りませんね。

|

« ガソリン、コーヒー等の値上げ | トップページ | 謹賀新年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/38244501

この記事へのトラックバック一覧です: 見事にハメられた菅政権:

« ガソリン、コーヒー等の値上げ | トップページ | 謹賀新年 »