« WSJが日本の消費税増税政策を批判 | トップページ | 毎日新聞はどうしちゃったの? »

2011年1月20日 (木)

これは与謝野さんも問責決議だな

”問題児”与謝野新大臣が衆院選で自民党公認時に「反党行為をした場合は政治家を辞める」という誓約書を提出していたとのこと。

 自民党の大島理森副総裁は19日夕、与謝野馨経済財政担当相が前回衆院選で自民党から公認を受ける際に誓約書を提出したことを明らかにした上で「反党行為をしたときは政治家を辞めると誓約している。(民主党)会派入りは完全に誓約に違背するものだ」と述べ、通常国会で与謝野氏を追及する考えを示した。党本部で記者団の質問に答えた。
与謝野氏 公認時に誓約書 自民・大島氏「会派入りは完全に違背」

当の誓約書画像がWebにありましたので転載します。

Photo_2

 第四十五回衆議院議員総選挙に当り、自由民主党の公認候補者として立候補する責任の重大さを認識しております。
 就きましては、今後、党員としての当の綱領、政策および党紀を遵守することは勿論、当選後、離党などの反党行為は一切行わないことを、自由民主党および有権者に誓約するものであります。
 前項の誓約に違反した場合は政治家としての良心に基づき議員を辞職いたします。
 本誓約書が公表されても異議ありません。
与謝野“ユダ”ぶり発揮 誓約書反故「反党行為行わぬ」

これが本当なら(本当なのでしょうが)、自民党が通常国会の参院で与謝野氏に問責決議案を提出するのはほぼ確実だと思います。これに対して公明党はどう出るか分かりませんが、少なくとも自民党と共闘を確認したたちあがれ日本は賛成するのでしょう。

 自民党の谷垣禎一総裁とたちあがれ日本の平沼赳夫代表は19日夜、東京都内のホテルで会談し、通常国会で連携して菅政権の退陣を目指すことで一致した。また、税と社会保障の一体改革に向けた与野党協議に応じないことでも足並みをそろえた。たちあがれは昨年4月、谷垣氏の党運営を批判して自民党を飛び出した与謝野馨経済財政担当相らが「反民主・非自民」を掲げて結成したが、与謝野氏の菅再改造内閣入りを機に野党色を強め、両党首が「手打ち」した格好だ。
自民党:たちあがれ日本と共闘 菅政権退陣を目指す

菅総理は自民党との連係を模索するために与謝野さんを「一本釣り」したとのことですが、完全に裏目に出ていますね。さて、この「爆弾」はどう炸裂するのか。

|

« WSJが日本の消費税増税政策を批判 | トップページ | 毎日新聞はどうしちゃったの? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/38544260

この記事へのトラックバック一覧です: これは与謝野さんも問責決議だな:

« WSJが日本の消費税増税政策を批判 | トップページ | 毎日新聞はどうしちゃったの? »