« 中国・インドの利上げ | トップページ | 燃えろ星たちよ ブーメランテリオス!! »

2011年2月17日 (木)

民主党騒動 今後の展開

小沢氏に近いとされる民主党衆院比例選出議員16名が会派離脱を表明し、永田町に動揺が広がっています。

 民主党の渡辺浩一郎氏ら小沢一郎元代表に近い比例単独選出衆院議員16人が衆院会派「民主党・無所属クラブ」からの離脱を表明したことで、同党は17日、事実上の分裂状態に陥った。党執行部は離脱を認めない方針だが、渡辺氏らは2011年度予算案の関連法案の採決で「造反」も辞さない構えだ。16人が造反すれば、法案を衆院の「3分の2」で再可決するのは不可能。赤字国債発行のための特例公債法案などの年度内成立は絶望的な情勢となり、菅政権は危機的な局面を迎えた。
民主、事実上の分裂状態=小沢系「造反」の可能性-執行部は引き留めに全力

岡田幹事長も、あれだけ小沢グループをコケにしておいて今更引き留めとはお笑いですが、秋波を送った社民党にフラれただけでなく、連立与党の国民新党にも「連合赤軍」呼ばわりされている状況ですから、これはもう小沢氏が確信犯的に起こした行動と見て間違いありません。

もともと、2月6日の名古屋トリプル選挙が河村・大村連合の圧勝に終わった時点で、この計画はスタートしていたのです。河村氏は小沢氏に非常に近く、選挙後には菅総理ではなく小沢氏に真っ先に会いに行きました。この会見の模様がテレビで放送された事からして、明らかに外部に向けてメッセージを発信しているわけで、その送り先は橋下大阪府知事、東国原前宮崎県知事、地元佐賀で「日本維新の会」を立ち上げた原口前総務相です。

恐らく作戦としては、消費税増税で財政均衡派(民主菅グループ+自民)v.s.歳出削減でリフレ積極財政派(民主小沢・鳩山グループ+地域政党)という分り易い対立構図に持ち込んで、総選挙で政界再編を仕掛けるつもりでしょうね。当然ながら、増税対減税の戦いで増税が勝つわけがなく、名古屋の選挙結果を見ても既存政党は壊滅的なダメージを被る可能性さえあります。特に現民主党執行部は物凄く嫌われていますので、ひょっとすると現職総理が選挙区で落選するという、前代未聞の事態が起こるかもしれません。

いずれにせよ、日本にとって大きな影響を与えるウネリが始まっています。今後の動きの予想としては、思いつくままにこんなトコロでしょうか。

<国内政治>

  • 既得権益対決を掲げて戦うのであれば、都知事は東国原氏
  • 小沢氏の後継者は原口前総務相
  • 小沢・鳩山グループが新党を結成した場合、党首は原口氏
  • 新党には国民新党が合流する
  • 新党と各地域政党は合流しないが密連携する
  • 自民党からも一部(額賀派、麻生派)が離脱して新党に合流
  • 新党は公明党とは距離を置く
  • 細野氏は凌雲会(仙谷派)に留まる
<外交・軍事>
  • 中国と電撃和解し、対ロシアで共同戦線
  • 米軍の撤退基調に合わせて憲法改正議論開始
  • 最終的にTPPには不参加
  • 米韓FTAによって韓国が凋落
  • 北朝鮮が中国の属国化
  • 中東にイスラム原理主義が拡大

<経済>

  • リフレ政策もあり、インフレが進行
  • 特に食料品・ガソリン・建材が急騰し、不動産価格も上昇
  • 変動金利の住宅ローンが不良債権化
  • パチンコ業界の終焉
  • 大新聞が衰退、テレビ・週刊誌は生き残る

最後の方は、ちょっと風呂敷広げすぎですがwww

|

« 中国・インドの利上げ | トップページ | 燃えろ星たちよ ブーメランテリオス!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/38911114

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党騒動 今後の展開:

« 中国・インドの利上げ | トップページ | 燃えろ星たちよ ブーメランテリオス!! »