« 祝!長友インテル移籍(追記) | トップページ | 小沢氏の起訴状とそれを論評する法曹関係者が酷い件について »

2011年2月 1日 (火)

中東のドミノ倒し

エジプトのムバラク大統領がカイロを脱出したとの一報あり。

イギリスの新聞デイリー・テレグラフが、エジプトのムバラク大統領が、同国内での反政府デモの拡大を理由に、私用護衛とともに同国の首都カイロを脱出したことを明らかにしました。
エジプト大統領、首都カイロを脱出

このままオランダに亡命という噂が流されており、どうやらチュニジアに続いてエジプトでも反政府デモ⇒政権転覆の革命が成就しそうです。この流れがここで留まるワケもなく、北アフリカから中東に波及するのは時間の問題でしょう。

経済面で見た場合、日本及び欧米にとってはスエズ運河がどうなるかが最も重大なリスクになるでしょうね。展開によっては石油ショックまで行く可能性もなきにしもあらず。さて、どうなるか。

|

« 祝!長友インテル移籍(追記) | トップページ | 小沢氏の起訴状とそれを論評する法曹関係者が酷い件について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/38694512

この記事へのトラックバック一覧です: 中東のドミノ倒し:

« 祝!長友インテル移籍(追記) | トップページ | 小沢氏の起訴状とそれを論評する法曹関係者が酷い件について »