« 鳥越氏v.s.岩見氏 -再び- | トップページ | トヨタが無罪放免 »

2011年2月 7日 (月)

加速するインフレ

コモディティの価格上昇が止まらなくなってきました。銅だけでなく、スズやニッケルも過去最高値を突破しています。

 [ニューヨーク 4日 ロイター] 4日の取引で銅価格が1万ドルを突破し、過去最高値を更新した。米国の雇用統計を受け、2011年も力強い需要拡大が続くとの見方が強まった。供給がひっ迫する一方で、投資需要が高まるとの見方も支援材料となり、週間では過去9週間で最大の上げ幅を記録した。
銅価格が過去最高値に、供給ひっ迫観測や米雇用統計受け

また、オーストラリア史上最大規模のサイクロン「ヤシ」が国内最大のサトウキビ生産地を直撃した影響で、砂糖の原料となる粗糖の需給が逼迫すると連想され、ニューヨーク市場の粗糖が30年ぶりの高値を付けました。

 豪州は砂糖の原料となる粗糖の世界有数の輸出国。被災地は国内最大のサトウキビ生産地帯で、半数の作物がなぎ倒され、推定被害総額は5億豪ドル(約411億円)にのぼった。日本が消費する粗糖の約18%は豪州産に依存しており、「豪州の輸出鈍化や国際価格高騰で日本でも砂糖が急騰する恐れがある」(日系商社の豪州法人幹部)という。 ロイター通信によると、ニューヨーク市場で2日、早くも粗糖価格が30年ぶりの高値水準に達した。
最大級サイクロン豪に上陸、日本で砂糖急騰の恐れ

さらに、混迷の度合いを深めるエジプトでは、ヨルダン経由イスラエル行きの天然ガスパイプラインが突然爆発。イスラエルは天然ガスの4割をこのパイプラインに依存しており、エジプトの政情を勘案すると、俄然中東戦争の確率が上昇してきています。

 【カイロ=大内清】エジプトの国営テレビなどによると、エジプト東部シナイ半島で5日朝、イスラエルにつながるガスパイプラインのヨルダン向け支線で大きな爆発があった。エジプトは両国へのパイプラインの稼働を停止した。
エジプト ガスパイプライン爆発 イスラエルへの供給停止

またこれに加えて、クウェート高官は原油価格の110ドル突破と、私が以前から予想しているスエズ動乱についても言及しています。

 [クウェート 6日 ロイター] クウェート最高石油評議会のメンバーであるイマド・アティキ氏は6日、エジプトの政情不安が続けば原油価格が1バレル=110ドルを上回る可能性があるとの見方を示した。
エジプト混乱で原油価格110ドル上回る可能性=クウェート当局者

明らかに歯止めが効かなくなってきており、メキシコやインドネシアでも治安が悪化しているとのことで、このまま行けばいずれ何処かで火の手が上がるのは確実な情勢となってきました。

|

« 鳥越氏v.s.岩見氏 -再び- | トップページ | トヨタが無罪放免 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/38779867

この記事へのトラックバック一覧です: 加速するインフレ:

« 鳥越氏v.s.岩見氏 -再び- | トップページ | トヨタが無罪放免 »