« つД`) ゲイリーが死んじゃったョ | トップページ | 加速するインフレ »

2011年2月 7日 (月)

鳥越氏v.s.岩見氏 -再び-

毎日新聞のWebコラムが内ゲバ状態な件について以前のエントリーで紹介しましたが、今度は鳥越氏からの反論があった模様。

 私が小沢一郎氏を当コラムで取り上げると、いわゆるジャーナリストと称する方々が次々と私の実名をあげて批判を展開する。よほど痛いところを突いてしまったのかもしれない。朝日社説子しかり。今回は私の大先輩、岩見隆夫氏(「サンデー毎日」1月30日号「サンデー時評」)です。

 私もそのコラムの見出しにならって「岩見隆夫さんは間違っている」というタイトルで反論してみます。岩見さんの論点は「『不起訴=虚構』はとんでもない短絡」という批判です。その論拠として検察内部に処分を巡って対立があったことや起訴論が検察内部にあったことを挙げる。しかし、内部に何があろうと<不起訴>という現実が法と証拠に基づく司法の最終結論であり、結論までのプロセスでいろいろ議論があったらしいという推論で小沢氏を黒く見せようとする立論は、私の恐れるファシズムへの道であります。

(中略)

 あえて言わせてもらうと、岩見さんは「長年、政治記者として小沢という人物を観察してきた確信である」といい、法と証拠で論ずべきところに自分の“長年の確信”という私情をはさんできた。<オレの見てきた小沢なら今度も有罪に違いない>。こうした思い込みがコワいのです。
ニュースの匠:私情が一番コワい=鳥越俊太郎

詳細は本文を読んでいただくとして、鳥越氏の考えは概ね私と同じですね。仮にもジャーナリストを自負しているのであれば、自分の思いをロジカルに読者に伝える必要があると思います。それを完全に無視して「俺の確信だ」では「社会の公器」が泣きますよ、岩見さん。

|

« つД`) ゲイリーが死んじゃったョ | トップページ | 加速するインフレ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/38779383

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥越氏v.s.岩見氏 -再び-:

« つД`) ゲイリーが死んじゃったョ | トップページ | 加速するインフレ »