« 福島第一原発の海水注入が遅れた件について | トップページ | 首都圏被曝の瀬戸際に »

2011年3月14日 (月)

もまいらもちつけ

先ほど福島第一原発の3号炉が爆発したことを受けて、2chのニュー速+がパニックコメントで溢れています。中には、3号炉のキノコ雲を見て、「核爆発が起こった」とか書いている人もいるようです。もまいらもちつけ。

今回の原発事故で最悪のケースは再臨界に突入することですが、その場合でも核爆発は起こりません。核分裂反応を利用した爆弾(原爆)には爆縮という工程が必要で、十分に計算配置された核燃料がほぼ同時に炉心に突入して臨界反応を起こさなければ、核爆発は起こせないのです。

従って、上記の最悪のケースでも、起こりうることは水蒸気爆発であって核爆発ではありません。

また、建屋が水素爆発で吹っ飛んだということは、逆に言うとケース内を減圧できているということです。いまだ予断を許さない状況ではありますが、恐らく最悪のケースには入っていないのでしょう。さらには、風向きからいっても東京に放射性物質が到達するのはかなり難しく、まずは落ち着くことが重要だと思います。

それから、政府や東京電力の対応によって首都圏住民が混乱したことは事実ですが、この極限状況で完璧を求めることは酷というものです。私も今日は自転車通勤する羽目になりました。ここは被災者に思いを巡らせて文句をグッと我慢する時だと思います。

加えて、メディアや政府当局などにメール等を送ることも自粛すべきでしょう。彼らは彼らの戦場で、今まさに戦っており、部外者が口出しすべき状況ではありません。批判や反省は事態が落ち着いてからやれば良いことです。

どうしても落ち着かないという人は、今すぐ西に逃げてください。それ以外に個人レベルで出来うることはないのです。

|

« 福島第一原発の海水注入が遅れた件について | トップページ | 首都圏被曝の瀬戸際に »

悠々閑々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/39223754

この記事へのトラックバック一覧です: もまいらもちつけ:

« 福島第一原発の海水注入が遅れた件について | トップページ | 首都圏被曝の瀬戸際に »