« 入試クラッキングに防止策はあるのか | トップページ | 土肥氏は日本人を見下している »

2011年3月10日 (木)

この政権末期に真性売国奴が登場とは

皆さんご存知のとおり、民主党菅グループの重鎮であり党常任幹事会議長でもある土肥隆一衆院議員が、「日本は竹島の領有権主張を中止し、韓国に譲るべき」という内容の日韓共同宣言に署名した問題ですが、私も正直に言ってとても国会議員の所業とは思えません。

 わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島について、衆院政治倫理審査会会長で菅直人首相が主宰する政策グループ顧問の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)が「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として、日本政府に竹島の領有権主張中止などを求める同議連の日韓共同宣言に名を連ね、韓国の国会で共同記者会見していたことが9日、分かった。土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と話している。

 共同宣言文のタイトルは、「和解と平和を成す韓日両国の未来を開いていこう」。日本に対し「歴史教科書の歪曲(わいきょく)と独島(韓国が主張する竹島の名)領有権主張を直ちに中止する」などの3項目を要求。議連の日本側会長の土肥氏ら3人の連名としている。
民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」韓国議員と共同宣言 会見まで 先月末

現在は「韓国側にのせられた」などと釈明している土肥氏ですが、上記の産経取材に対しては「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と答えているようです。ご本人は韓国ソウルの生まれだそうですし、某半島系キリスト教牧師の経歴をお持ちだったりするようですので、きっとコチラが本音なのでしょう。

現状で竹島は韓国に武力で実効支配されているので、本行為は外患援助罪若しくは破壊活動防止法違反に問われるのではないかとも考えられますが、昨今の情勢から考えて、どこぞの右寄り市民団体から告訴されそうな勢いですね。

そもそも、国会議員というのは国益を考えるのが仕事のはずですので、土肥氏は速やかにこの日韓共同宣言がどの様に我が国の国益に叶うのかを説明すべきでしょうし、それが出来ないのであれば、国民の代表者たる国会議員を辞職する以外に責任を取れないと思います。政倫審の会長辞任くらいで許すわけには行きません。

 民主党の土肥隆一衆院議員は10日夕、衆院議員会館で記者会見し、竹島(韓国名・独島)の領有権主張の中止を日本政府に求めた共同宣言文を韓国の議員とともに発表した問題で、「政治的責任は免れない。全ての役職を辞退したい」と述べ、衆院政治倫理審査会会長と党常任幹事会議長の役職を辞任する意向を表明した。
 土肥氏は、菅直人首相グループの幹部。野党側は「国会議員として不適格」として土肥氏を厳しく批判し、首相の責任も含めて追及。土肥氏の問題は、菅政権への新たな打撃となり、首相の対応も問われそうだ。
民主・土肥氏が政倫審会長辞任=竹島問題で引責-首相側近、政権また打撃

それにしても、菅政権は本当に酷い品質です。これまで擁護してきた大手メディアも、さすがに庇いきれない高みに到達してしまいました。ある意味でスゴイです。

|

« 入試クラッキングに防止策はあるのか | トップページ | 土肥氏は日本人を見下している »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/39180730

この記事へのトラックバック一覧です: この政権末期に真性売国奴が登場とは:

« 入試クラッキングに防止策はあるのか | トップページ | 土肥氏は日本人を見下している »