« 福島第一原発の安全性に対する科学的論証 | トップページ | 風邪ひいて倒れてました »

2011年3月17日 (木)

悲観主義が風評被害を引き起こす

よく「悲観主義者は理性的に見え、楽観主義者は享楽的に見える」と言われます。しかし、果たしてそれは真実の姿でしょうか?

現在、あの東日本大震災の被災地で、風評被害が巻き起こっています。

 福島第1原発で事故が相次いでいることを受け、東日本大震災の救援物資を輸送する業者が放射線による運転手の健康被害を恐れ、福島県内への輸送を拒否するケースが出始めていることが16日、分かった。
 県災害対策本部が明らかにした。同県は風評被害で物資到着が滞り、住民生活の維持が困難になっているとして、国に支援を求めている。
放射線恐れ輸送拒否も 福島県、国に支援要請

原発問題で「政府は本当のことを隠している」、「東京にも放射能が降る」、「国外か関西に疎開するべき」などと煽っている人達は、自らの言動が被災者に更なる危害を加えているという自覚がありますか。「良かれ」と思って行動しているのかもしれませんが、自分が引き起こした結果に対して責任を負えるのでしょうか。

原発問題を含めて、今回の震災を日本が克服できるかどうかは誰にも分かりません。楽観的な意見も、悲観的な意見もそれぞれ論拠が有るでしょう。しかしながら、もし仮に悲観的意見が正しかったのだとしても、現実に被災者と3000万人を超える首都圏在住者全員を疎開させることなど不可能です。

であれば、悲観主義者はせめて風評被害を撒き散らすことなく、一人静かに疎開すべきです。踏みとどまった楽観主義者が、きっと日本を立派に再建させますよ。

|

« 福島第一原発の安全性に対する科学的論証 | トップページ | 風邪ひいて倒れてました »

悠々閑々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/39266572

この記事へのトラックバック一覧です: 悲観主義が風評被害を引き起こす:

« 福島第一原発の安全性に対する科学的論証 | トップページ | 風邪ひいて倒れてました »