« 静岡で震度6強 M6.0の地震発生 | トップページ | 福島第一原発の安全性に対する科学的論証 »

2011年3月15日 (火)

バーレーンで非常事態宣言

国内はどうしても震災関連ニュースばかりになってしまいますが、地味にこちらも大ニュースです。

 【カイロ=田尾茂樹】イスラム教シーア派を主体とする反政府デモの激化を受け、バーレーンのハマド国王は15日、全土に同日から3か月間の非常事態を宣言した。

 ロイター通信などが伝えた。声明では「国家と国民を守るために必要なあらゆる措置をとる」としている。

 首都マナマでは13日に、2月のデモ開始以来、最大規模の衝突が発生。バーレーン政府の支援要請を受け、14日にはサウジアラビア部隊約1000人がマナマ入りしたほか、アラブ首長国連邦も警官隊約500人をバーレーンに送っている。
バーレーン非常事態宣言、反政府デモ激化

バーレーンの治安維持にサウジとUAEの治安部隊が参入しています。これで収まれば何とかなりますが、収束しない場合にサウジとUAEに飛び火する可能性が非常に高くなります。

そろそろイランも巻き込みつつ、中東ドミノ倒しが進行して行くことになりそうです。

|

« 静岡で震度6強 M6.0の地震発生 | トップページ | 福島第一原発の安全性に対する科学的論証 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/39242152

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーンで非常事態宣言:

« 静岡で震度6強 M6.0の地震発生 | トップページ | 福島第一原発の安全性に対する科学的論証 »