« VVAULT PersonalはWHS2011に対応します | トップページ | 東電が柏崎刈羽の再稼働に言及 »

2011年4月14日 (木)

小沢グループが内閣不信任案賛成へ

昨日のエントリで、

まあ、月末の統一地方選第二弾も民主党のボロ負けは確定でしょうし、1次補正を通したGW明けに自民党から内閣不信任案か問責決議案が出て、民主党の小沢グループと中間派の一部が同調して内閣総辞職になるのが見えてきました。

と予想したのもつかの間、本日の産経で早速その裏が取れてしまいましたww。まあ、そうなりますよね。

 民主党の小沢一郎元代表が12日夜に都内の私邸で開いた側近議員との会合で、「菅直人首相(党代表)を退陣させるためには内閣不信任案可決しかない」と語ったことが13日分かった。小沢氏は東日本大震災や東京電力福島第1原子力発電所事故の政府対応に強い不満を漏らしているが、「倒閣」に言及したのは初めて。野党側が6月22日の国会会期末に向け検討している不信任案への同調を示唆することで、首相に自発的退陣を促す狙いがあるとみられる。
小沢氏が「内閣不信任案」への同調を示唆 菅首相に自発的退陣促す

興味深いのは小沢氏に対するメディアの姿勢で、これまで絶対的に悪者にされがちだった小沢氏とその周辺は、現政権よりも上位に評価されている感が出てきました。読売新聞が絵を描いていると囁かれる民自大連立も、菅総理の不手際でご破算になりましたし、大震災でとても総選挙など実施できませんので、恐らく民主党内右派と組ませる方向に舵を切ったのだと思われます。

次のイベントは月末の統一地方選後半戦、そして4兆円の1次補正予算です。これらが決着するGW明けから政界再編に突入する可能性が高いと思います。その時にキーマンとなるのは、亀井さんかもしれませんね。

|

« VVAULT PersonalはWHS2011に対応します | トップページ | 東電が柏崎刈羽の再稼働に言及 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/39612861

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢グループが内閣不信任案賛成へ:

« VVAULT PersonalはWHS2011に対応します | トップページ | 東電が柏崎刈羽の再稼働に言及 »