« 枝野さんから聞いてない宣言 | トップページ | 民主党って帝愛グループだったんだ »

2011年6月 3日 (金)

なるほど、田中さんが正しいのかも

今回の不信任回避の顛末について、菅、鳩山両氏を良く知る田中秀政氏がコメントしています。

 首相は、たとえ不信任案が可決されても解散ができなかった。否決されても政権基盤が急速に弱まる。それで“渡りに舟”に乗り込んだのだろう。

「衆議院を解散」、「造反者を除名」とこぶしを振り上げても、その効果がないと知るや土下座する道に変わった。そして土下座の効果が出たら、また以前の姿に戻る。その繰り返しではないか。
菅首相「あいまいな退陣表明」に秘められた意図

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」ではないですが、その場が凌げるのであれば、土下座でも何でも平気でやるのが菅さんなのかもしれません。そしてその後は、全て無かったことにする。

但し、今回の凌ぎ方がいささか外道過ぎたためか、これまで支援してきた朝日新聞などからも叩かれそうな気配です。個人的には最大1ヶ月程度延命しただけにしか思えませんが、その後も菅さんは生き残れるのでしょうか?

この次は、鳩山さんも小沢さんも、そして今日中間派だった人達も、菅さんを一切信じないと思いますよ。そしてその先に待っているのは、きっと凄惨な結末だと思います。

|

« 枝野さんから聞いてない宣言 | トップページ | 民主党って帝愛グループだったんだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/40240187

この記事へのトラックバック一覧です: なるほど、田中さんが正しいのかも:

« 枝野さんから聞いてない宣言 | トップページ | 民主党って帝愛グループだったんだ »