« VVAULTの進捗について | トップページ | グルーポンが訴えられる »

2011年6月24日 (金)

中国の混迷と中国包囲網

先日開催された日米2プラス2の会談において中国の海洋進出に対して名指しで批判したことは、昨年方針転換した米国の対中戦略をより鮮明化するものだったと思います。

【ワシントン西田進一郎】クリントン米国務長官は2プラス2で、南シナ海での海洋進出を強める中国について「地域に緊張をもたらしている」と名指しで批判した。松本剛明外相も「中国は東シナ海、南シナ海で摩擦を生じさせている」と指摘。2プラス2後に発表した共通戦略目標の文書では、中国への直接的な批判は盛り込まれなかったが、会議では双方が名指しで強い懸念を示していた。

 今回の2プラス2で本格的に改定した共通戦略目標は、中国に「国際的な行動規範の順守を促す」と促しつつ、「(海洋)航行の自由」やサイバー空間の保護については名指しを避けていた。
日米2プラス2:クリントン米国務長官、中国を名指し批判 海洋進出で地域に緊張

これは以前のエントリで指摘した「アジア版NATO」構想に繋がる動きと見て良いでしょう。米国の目的は、ベトナムとフィリピンの反中姿勢に対して側面支援することであり、まさにこれと呼応する形でベトナムはスプラトリー諸島で実弾軍事演習を行っています。

 【バンコク=古田秀陽】ベトナム海軍は十三日、中部クアンナム省沖合の南シナ海で実弾演習を行った。AFP通信が伝えた。同海域には中国などと領有権をめぐり対立する南沙(英語名スプラトリー)諸島があり、ベトナム側は先月下旬から自国の石油探査船に対し中国の妨害活動が相次いでいると主張。演習は中国をけん制する狙いもあるとみられ、両国間の緊張がさらに高まる恐れがある。

 またベトナムの首都ハノイと南部ホーチミンでは十二日、中国大使館前などで五日に続いて市民らが抗議デモを実施。共産党独裁体制のベトナムが二週連続のデモを容認したのは極めて異例だ。
南シナ海で実弾演習 ベトナム

また、一度は国会で否決されたベトナムの新幹線導入プロジェクトが息を吹き返しそうなのも、この中国包囲網と無関係ではないでしょう。

 日本を訪問しているベトナムのグエン・スアン・フック官房長官は8日夜、都内のホテルで
日本経済新聞と会見した。

 日本の新幹線方式採用を目指して「南北高速鉄道」の整備計画を修正し、国会に再提出する
意向を表明。日本企業が参画を目指す大規模事業が再び動き出す可能性が出てきた。

 フック氏は政府機関の調整役としてズン首相が主導する経済改革路線を支え、1月の共産党大会で
最高指導部である政治局のメンバーに昇格。
 国家主席(大統領)や首相などのポストも視野に入れる次期副首相の有力候補とみられている。

 南北高速鉄道は首都ハノイと南部の商都ホーチミンの1570キロメートルを約5時間半で結ぶ計画。
 国会は昨年6月に「事業費が大きすぎる」などとして日本方式とする案を否決したが、フック氏は
「計画が完全に否定されたわけではない」と指摘。

 国際協力機構(JICA)の4月からの事業化調査終了を待って修正案を出し、改めて承認を求める考えを示した。
ベトナム首脳「鉄道計画を修正」 日本の新幹線復活も フック官房長官が表明

その中国は、スプラトリー沖でベトナムに嫌がらせをするだけでなく、最近ではロシアの監視船も威嚇しており、自らの覇権志向を隠さなくなってきていますが、その一方で従来では考えられないような内部告発が行われており、もしかしたら国内の権力闘争が激化しているのかもしれません。

 6月末に開業する北京・上海高速鉄道の最高時速が350キロから300キロに引き下げられた原因について、中国鉄道省元幹部の周翊民氏は安全問題があったと明らかにした。中国経済紙の21世紀経済報道が22日までに報じた。汚職で更迭された劉志軍・前鉄道相が世界1位に固執し、安全性を損なっても速度を優先して350キロに無理に設定したと話した。

 高速鉄道の技術について、鉄道省は自主開発したとしているが、周氏は日独の技術だと指摘。350キロで走行して事故を起こした場合、日独メーカーは責任を負えないと表明しており、鉄道省も自前で解決できないとの見方を示した。
中国版新幹線の最高速度下げ「安全に問題」 元幹部が暴露

悪化する一方の国内インフレ問題もありますし、2012年には国家主席交代も予定されています。ここしばらく中国は揺れ続けるのでしょうか?

|

« VVAULTの進捗について | トップページ | グルーポンが訴えられる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/40534906

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の混迷と中国包囲網:

« VVAULTの進捗について | トップページ | グルーポンが訴えられる »