« 本丸は特例公債法案(追記) | トップページ | 枝野さんから聞いてない宣言 »

2011年6月 2日 (木)

ハシゴを外されたのは誰だ?

昨日のエントリに書いたとおり、不信任案が可決されても否決されても状況は変わりません。菅さんは、もしかしたら緊急避難的に辞任の空手形を切ったつもりなのかもしれませんが、今のところ手形を貰った相手は空手形だと思っていないようです。

 民主党の鳩山前首相は2日、菅内閣不信任決議案が否決されたことを受け、国会内で記者団に対し、菅首相の辞任の時期について「そう遠くない。夏というのは長すぎる」との認識を示した。

 鳩山氏は、「(採決の)直前に菅首相と会って、復興基本法の成立と、第2次補正予算案の早期編成のめどがついた時点で、お辞め頂くことで折り合いがついた」と述べた。
菅首相辞任「そう遠くない」…鳩山前首相が認識

そして、今回鳩山さんに同調して翻意したこの人も、こんなコメントを出しています。

 民主党の原口一博前総務相は2日、自発的退陣を表明した菅直人首相(党代表)の後任を選ぶ代表選への出馬に関し、「資格があるかは分からないが、求められれば逃げない」と強い意欲を示した。国会内で記者団に答えた。
原口前総務相が代表選に意欲

この二人が小沢氏の意を受けて動いていたことは明白ですので、これは小沢グループ全体の意思と考えても良いでしょう。一方で、現執行部にはこれと反対のコメントを出している人も居ます。

 民主党の岡田克也幹事長は2日の党代議士会後、菅直人首相の退陣表明に関連して「鳩山由紀夫前首相の述べた平成23年度第2次補正予算案と復興基本法案の成立は辞任の条件ではない」と記者団に語った。
岡田幹事長 2次補正成立は首相退陣条件でない

岡田さんは明らかに空気が読めていません。これは一体どういうことなのか?

ところでネット上では、今回の顛末について「小沢さんは鳩山さんにハシゴを外された」などと言われているようですが、今回明らかになったことは、「小鳩連合が本気になれば、何時でも菅政権を引き摺り下ろすことが出来る」ということであり、上記の両者コメントから考えても、菅総理が「不信任で辞めさせられる」という汚名を回避して、両者と手打ちしたことは確実です。つまり、変節したのは菅総理の方ということになります。

それでは、菅さんが鳩山さんに持っていった手土産は何でしょうか。その答えが、恐らく上記の岡田コメントなのだと思います。つまり、管さんは名誉ある撤退を保証してもらった代わりに、現執行部内の反小鳩強硬派、具体的には岡田幹事長と枝野官房長官(仙谷さんは・・・?)の首を差し出すということではないかと予想します。

例の特例公債法案の件もありますから、6月中に菅内閣が総辞職して代表選を実施し、小沢復権で表向きは昔のトロイカ体制に戻すという形を取るのが有力でしょうか。もしそうだとしたら、切られる面々はいい面の皮ですが、菅さんは「意外と政治家らしい政治家だった」ということになりますね。さてさて、どうなるか。

|

« 本丸は特例公債法案(追記) | トップページ | 枝野さんから聞いてない宣言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/40235926

この記事へのトラックバック一覧です: ハシゴを外されたのは誰だ?:

« 本丸は特例公債法案(追記) | トップページ | 枝野さんから聞いてない宣言 »