« VVAULT1.5βとWHS系の対応について | トップページ | 中国列車事故 相互乗入の制御が問題?(追記) »

2011年7月14日 (木)

脱原発で議論するのは間違い

またしても菅直人首相が空虚な「脱原発」をブチ上げて、国民を災禍に巻き込んでいます。メディアは「原発推進」vs「脱原発」の論戦を盛り上げようとしているのかもしれませんが、私としては菅さんをマトモに相手するのは御免蒙りたいというのが本心ですね。

そもそも、首相自ら記者会見でブチ上げた「脱原発」論に対して、すぐ翌日に官房長官が真っ向否定してしまう政権です。こんなお題を議論の軸にする方が馬鹿げています。

 枝野官房長官は14日午前の記者会見で、菅首相が13日に表明した将来的な「脱原発」方針について、「遠い将来の希望という首相の思いを語った」と述べ、内閣としての政策目標ではないとの認識を示した。

 首相は記者会見で「将来は原発がなくてもきちんとやっていける社会を実現していく」と明言した。これについて枝野氏は「政府の見解というより、そういったことを視野に入れた議論を進めるというのが政府の立場だ」と説明。「原発をなくすことは内閣としての政策目標か」との質問に、「首相の記者会見ではそこまで言っていない」と指摘した。首相の発言内容について、政府内で事前調整を行ったかについても明言を避けた。

 政府が成長戦略の一環に位置づけてきた原発輸出については「我が国はどの国よりも厳しい安全性の下で(原発を)当面活用していく。輸入する側がどう受け止めるかを含めて、中期的に検討する」と述べ、継続に含みを残した。
脱原発は首相の希望、内閣の目標でない…枝野氏

これは浜岡原発を無理矢理停止させた手法と同じです。そこにロジックはなく、「今何を発言したらウケるか」を考えて発言するのみで、自らが持つ権力と責任の大きさについて全く考慮していません。大体、菅総理は5月のサミットで国際的に原発推進継続宣言を行ったはず。また、鳩山前総理のCO2削減公約も、未だ生きています。こうした現実を見ないで夢想に走ってしまう左翼思想には、ただただ呆れるばかりです。

「脱原発」、結構。正面から反対する人など、原発関係者以外にはいないでしょう。但し、それを空理空論としないための仕組み創りが整わなければ、日本は却って混乱します。それが簡単に創れるのであれば、世界の何処の国でもとっくに実現しているはず。実現していないのは、技術的、経済的に非常に難しいからに他なりません。その困難な仕組み創りを菅直人に任せられるのか? 今回国民が問われているのはコレでしょうね。

企業経営においても同じでしょうが、より重要なことは「正しい方向かどうか?」ではなく、「正しいリーダーかどうか?」だと思います。正しいリーダーであれば方向転換は可能ですが、間違ったリーダーでは真っ直ぐ進めませんからね。市民運動家出身無能宰相の悲しいところは、正にそこにあります。

|

« VVAULT1.5βとWHS系の対応について | トップページ | 中国列車事故 相互乗入の制御が問題?(追記) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/40813574

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発で議論するのは間違い:

« VVAULT1.5βとWHS系の対応について | トップページ | 中国列車事故 相互乗入の制御が問題?(追記) »