« ギリシャのロールオーバーにフィッチが釘を刺す | トップページ | S&Pもロールオーバーにデフォルト宣言 »

2011年7月 1日 (金)

仙石失脚で小沢無罪とか

以前からレポートしていた陸山会事件において、本日事態を大きく進展させる決定が東京地裁によって行われました。

 小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた元私設秘書の衆院議員、石川知裕被告(38)ら元秘書3人の公判で、東京地裁(登石郁朗裁判長)が証拠採用を却下した供述調書の中に、元代表の関与を認めた調書も含まれていることが分かった。秋にも予定される3人の判決への影響は必至で、強制起訴された小沢元代表の公判にも波及する可能性がある。【鈴木一生、野口由紀】

 関係者によると、検察側が証拠請求した3人の供述調書計38通のうち十数通が採用されず、残る調書の多くも部分的に却下された。

 地裁はこの決定で、石川被告と元公設第1秘書の大久保隆規被告(50)、元私設秘書の池田光智被告(33)に対する検事の取り調べにおいて、石川被告らが自身の関与を認めた供述を維持すれば、小沢元代表の逮捕や強制起訴に及ばないと示唆するなどの利益誘導があったと指摘。それ以外にも、他の被告が自白したとの虚偽情報を告げて供述を得ようとする「切り違え尋問」や、目前でメモを破り捨てて威迫するなど供述の任意性に疑いがある調べがあったとして証拠採用しなかった。

 石川被告は保釈後の再聴取でICレコーダーを使ってひそかに録音しここでも任意性に疑いがある調べが記録されていたことが決定の根拠の一つになったとみられる。石川被告は1日、取材に「小沢先生への報告・了承の調書が採用されないのは当然の判断で主張が認められた」と話した。
陸山会事件:却下調書に「小沢元代表関与」 東京地裁「任意性に疑い」--公判

元秘書の3人は、捜査段階での供述を公判で全面否定していますので、今回の供述調書の証拠却下により、少なくとも小沢氏が直接関与したとの疑いに関しては、ほぼ立証不可能になったと考えて良いと思います。また、元秘書3人の自身の裁判についても、非常に有利な立場に立ったことは間違いありません。

小沢氏本人の強制起訴裁判では、その疑いが直接の虚偽記載や共同正犯としての教唆にあるわけですから、犯罪の直接執行者であるとされた元秘書3人が無罪になってしまえば、自動的に無罪になるはずです。つまり、小沢氏は無罪になる可能性が非常に高くなりました。

ところで、これまでの流れから考えて、今回の進展には政治的なウラがあると思った方が良いと思います。そう言えば以前のエントリに「ハシゴを外されたのは誰だ?」と書きましたが、昨今の状況を観るに、あの後政治的に排除されたのは民主党執行部側(仙石一派)であることは明白です。

そして、このタイミングで小沢復権の布石となる今回の地裁決定があったワケで、この2つはリンクしていると考えても良いのではないでしょうか。となると、現在の菅総理は小沢・鳩山グループと水面下で協力していることも想像出来ます。そう言えば、不信任案であれだけ大騒ぎしていた鳩山さんと原口さんが大人しいですね。実は全部芝居だったとか??

某メガソーラー発電所は佐賀県に設置されるのかな? 設備投資やランニングコストが嵩んでも、再生エネルギー法があれば高値で電力会社が電気買い取ってくれますし、例え100億円くらい選挙資金を拠出したとしても、回収を考えれば大した初期投資じゃないですよねぇ。いやいや、あくまでも妄想ですが・・・

|

« ギリシャのロールオーバーにフィッチが釘を刺す | トップページ | S&Pもロールオーバーにデフォルト宣言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/40632534

この記事へのトラックバック一覧です: 仙石失脚で小沢無罪とか:

« ギリシャのロールオーバーにフィッチが釘を刺す | トップページ | S&Pもロールオーバーにデフォルト宣言 »