« インビジブル | トップページ | アパレルの最後が皆同じなのはなぜなんだぜ »

2011年8月31日 (水)

乳製品の一斉値上げ

今年春先のコーヒー製品一斉値上げは記憶に新しいところですが、10月からは小麦に続いて乳製品も一斉に値上がりするようです。

まずは、雪印メグミルク。

 雪印メグミルクは15日、家庭用のバターやチーズ計9品を、10月1日の出荷分から1.2%~5.3%値上げすると発表した。昨夏の猛暑による乳量の減少や東日本大震災による生乳不足のため。

 「雪印 北海道バター」(200グラム)は365円から370円、同銘柄の食塩不使用タイプは405円から410円に、「雪印北海道 さけるチーズ」(60グラム)はプレーンやスモーク味、とうがらし味など3種とも190円から200円になる。
メグミルク、バターやチーズ値上げ 生乳不足で最大5.3%

続いて、明治。

 明治は25日、家庭用のバター2品を10月1日の出荷分から1.3~1.4%値上げすると発表した。

 「明治北海道バター」(200グラム)を365円から370円に、同商品の食塩不使用タイプを400円から405円にする。昨年の猛暑や福島第1原発事故による乳生産量の減少に伴う影響を吸収しきれなくなったという。
明治も家庭用バター値上げへ 雪印メグミルクに続く

そして最後は、森永。

 森永乳業は31日、家庭用バター「森永北海道バター」(200グラム)を現在の360円から365円に1.4%値上げすると発表した。10月21日出荷分から適用する。昨年の猛暑や福島第1原発事故で生乳の供給量が減少し、価格が上昇しているため。
森永乳業もバター値上げへ 原発事故で生乳不足

まあ、こう一次産品の値上げが続くと最終製品への価格転嫁も時間の問題でしょうし、やっぱり日本もインフレ(スタグフ)が避けられないんじゃないでしょうかね。

|

« インビジブル | トップページ | アパレルの最後が皆同じなのはなぜなんだぜ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/41436912

この記事へのトラックバック一覧です: 乳製品の一斉値上げ:

« インビジブル | トップページ | アパレルの最後が皆同じなのはなぜなんだぜ »