« あまりの暑さに短パンを購入 | トップページ | 不景気下の物価上昇 »

2011年8月 9日 (火)

止まらない中国のインフレ

中国の7月CPIが発表されました。

 【北京=高橋哲史】中国国家統計局は9日、7月の消費者物価指数(CPI)が前年同月に比べ6.5%上昇したと発表した。伸び率は6月の6.4%を上回り、2008年6月の7.1%以来、3年1カ月ぶりの高水準となった。日米欧の市場の動揺や景気減速懸念を受けて、世界経済のけん引役として中国への期待は高まる。だが物価高が続くなかで機動的に金融引き締めを修正できず、市場では中国自身の景気減速懸念もくすぶる。
中国消費者物価、7月6.5%上昇 3年ぶりの伸び率

全体でも6.5%と政府がターゲットとしている5%を上回っていますが、中でも庶民の生活に直結する食品が非常に高く前年同月比14.8%の上昇、また先月も高い数値を示した中国の食卓に欠かせない豚肉は同56.7%の上昇と、まさに暴動寸前の数値となっています。

この中国の食品インフレは、輸入野菜の価格上昇として日本にも転嫁されてきており、にんにくや小松菜など輸入メインの野菜については、日本のスーパーでも非常に値上がりしています。

8月に入って欧米の金融危機が再度深刻化してきており、為替とともに物価動向にも注意が必要だと思います。

|

« あまりの暑さに短パンを購入 | トップページ | 不景気下の物価上昇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/41144165

この記事へのトラックバック一覧です: 止まらない中国のインフレ:

« あまりの暑さに短パンを購入 | トップページ | 不景気下の物価上昇 »