« この現物の投げられよう | トップページ | 本日のTVタックルがスゴイ件について »

2011年8月22日 (月)

トリポリが陥落

こう書くと、どうしても昔やり込んだ鋼鉄の騎士を思い出してしまいます。やっぱり「砂漠の狐」ですよ~。まあ、それはさておき、リビアの反政府軍が遂に首都トリポリを陥落させたとのこと。チュニジア⇒エジプトときて、革命の火はリビアにも廻って来ました。

 【カイロ和田浩明】リビアの反体制派は21日夜(日本時間22日未明)首都トリポリに進攻し、中東の衛星放送アルジャジーラによると、市内の大部分を制圧し、最高指導者カダフィ大佐の息子2人を拘束した。カダフィ大佐は国営テレビで反撃を呼びかけたが、音声のみで姿は見せず、所在は不明だ。反体制派を軍事的に支援する北大西洋条約機構(NATO)はカダフィ政権が「崩壊しつつある」と明言。約42年間続いたカダフィ独裁体制は終焉(しゅうえん)を迎えつつある。
リビア:反体制派が首都をほぼ制圧 カダフィ大佐息子拘束

2月のエントリで「中東のドミノ倒し」と表現しましたが、リビアの次はシリアでしょうね。特にシリアのアサド大統領は父親から強権的支配を世襲しており、民衆からは忌み嫌われています。私も昔中東を旅行した際にシリアに立ち寄り、秘密警察国家とはこういうものかと思う出来事があったので非常に実感出来ます。

「リビア陥落」と聞いて思い浮かべたのはこちらの絵ですが、とりあえず不謹慎なのでセリフは割愛して、分かる方だけどうぞ。

5

|

« この現物の投げられよう | トップページ | 本日のTVタックルがスゴイ件について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/41316514

この記事へのトラックバック一覧です: トリポリが陥落:

« この現物の投げられよう | トップページ | 本日のTVタックルがスゴイ件について »