« 欧州の金詰り | トップページ | VVAULT2.0をリリース »

2011年9月 8日 (木)

こういう研究もオモシロイね

自分は制御系のエンジニアが原点ですから、研究と言うとシステム設計や実験というイメージが強いのですが、早大で「恋愛学入門」という講座を持っているの森川友義教授は男女の第一印象についてオモシロイ実験を行ったそうです。

 数年前に、男子学生を使ってある実験をしました。東京の表参道や六本木ヒルズなどで学生を路上に立たせて、そこを通過する女性を、各自のストライクゾーンの、(1)外、(2)中、(3)ど真ん中(ひと目惚れ)の3つに瞬間的に分類させたのです。

 その結果、平均すると男は約10人にひとりの割合でストライクゾーンの中に入る女性が見つかることがわかりました。さらに、「このコはど真ん中だ!!」と思う女性は100人にひとりくらい。実際に私も学生に交じってやってみましたが、同じような割合でした。

 反対に同じ実験を女子学生にやらせたところ、これがびっくり。ストライクゾーンの中に入る男の割合は100人にひとり程度、ひと目惚れ率は1000人にひとり以下だったのです。どうやら、女性は視覚では恋愛しない人種のようです。

 ということは、通常、恋愛のきっかけというのは、(1)男が女性を目で見て「いいな」と思う→(2)勇気を出して男のほうから話しかける、というプロセスになると考えられます。こんな実験からも「男が口説く、女が口説かれる」の図式が見えてきます。
女性のひと目惚れ率は、1000人にひとり以下

外見に関するウエイトが男女で10倍も違うというのは、なかなかに興味深いところです。私が知るかぎり、女性は男性の「外見」よりも「匂い」に拘る人が多い気がします。一体、何故なんだろう。

|

« 欧州の金詰り | トップページ | VVAULT2.0をリリース »

悠々閑々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/41577843

この記事へのトラックバック一覧です: こういう研究もオモシロイね:

« 欧州の金詰り | トップページ | VVAULT2.0をリリース »