« 中国の挑発には倍返しを | トップページ | こういう研究もオモシロイね »

2011年9月 7日 (水)

欧州の金詰り

先日のエントリで、「外人筋の現物投げが酷いのでどこかで金詰りでも起こしているのでは?」と書きましたが、当たっていたようです。スイス中銀の爆弾宣言もあり、事態は相当に切迫しているのかもしれません。

 [フランクフルト 5日 ロイター] ドイツ政府系の金融機関、復興金融公庫(KfW)[KFW.UL]のシュローダー最高経営責任者(CEO)は、多くの銀行は資金調達がほとんどできない状態にあると語った。

 また、銀行業界の状況は2008年よりもはるかに劇的だとの見解を示した。
多くの銀行、資金調達がほとんどできない状態=独KfW・CEO

今のところLIBORには異変が起きていないようですが、このまま凌げるのでしょうか。ドル急騰で現物暴落とか起こりそうな気配も若干ありますね。

|

« 中国の挑発には倍返しを | トップページ | こういう研究もオモシロイね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/41559177

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の金詰り:

« 中国の挑発には倍返しを | トップページ | こういう研究もオモシロイね »