« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

オマエはもう・・・死んでいる!

EUがスッタモンダの挙句に合意したギリシャ債務の50%減免(ヘアカット)ですが、EUと債権放棄する銀行とISDA(International Swaps and Derivatives Association, Inc.)は「クレジットイベントにあたらない (`・ω・´)キリッ」と強弁するも、早速フィッチから「デフォルトに決まってんだろ!ドアホ!」というツッコミが入っています。そう言えばフィッチは、以前も同じような事を言っていましたね。

 【ロンドン=中沢謙介】米欧格付け大手フィッチ・レーティングスは28日、ユーロ圏が合意したギリシャ債務の削減が実施された場合、ギリシャ国債を「債務不履行(デフォルト)」とみなすと発表した。

 ギリシャ債務の削減について、大手格付け会社が格付けに与える影響を示すのは初めて。同社は債務削減が行われる来年1月にも、同国債を「デフォルト」格に引き下げるものとみられる。

 ユーロ圏は首脳会議で、財政・金融危機の収束に向けた包括策の一環として、民間投資家が保有するギリシャ国債の元本を50%削減することで合意した。フィッチは債務削減自体については、「ギリシャ財政をより持続的なものにするために必要なステップだ」と評価している。
ギリシャ国債「デフォルト」とみなす…フィッチ

最終的にクレジットイベントになるのかどうかは、残る2社の格付機関がどのように判断するのかにもよりますが、仮に本件が政治的圧力によってデフォルト認定されなくても、金融市場はその影響を免れないようです。

 [ロンドン 27日 IFR] 民間が保有するギリシャ国債の50%の元本減免(ヘアカット)で欧州連合(EU)と銀行側が合意したが、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場関係者の間では、市場の存在意義が問われる事態との声があがっている。

 通常なら国債への投資家が50%のヘアカットや債務全体の免除などに自発的に応じることはありえない。今回の合意には、強い政治的圧力があったことを示す。

 原則的には国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)は、このような事態はクレジットイベントと認定するに十分で、CDSの支払いが発生する。

 しかし自発的なためにイベントに該当しないとするなら、CDSのプロテクションを買う意味がなくなり、CDS市場が不要ということにもなり得る。

 スイスインベストのアンソニー・ピーターズ氏は顧客向けノートで、「今回の事態は債務不履行(デフォルト)の構成要件を再定義したようなものだ。ギリシャはデフォルトを起こしたと誰もが認識している」と指摘。その上で「ユーロ圏諸国の政府、国債が額面の価値である必要がなく、額面で償還しなくてもデフォルトとは呼ばないという前例を得たことになる」と指摘した。
ギリシャ国債の50%減免合意、CDS市場の存在意義問う事態

確かにこれがクレジットイベントにならないのであれば、逆に何がクレジットイベントに該当するのか分かりませんし、リスクヘッジにCDSを購入する意味がありません。言うなればCDSを無価値化したのと同義ですから、今後CDSが売れないのはもちろん、国債を含むネイキッドの債権自体が売れなくなるのではないかと思います。また、現在金融機関が保持しているCDSをゼロ査定する必要も出てくるでしょう。

果たしてそこまでしてギリシャを救う必要があるのか? そもそも、これによってギリシャは救われるのか?

やっぱり、「既にEUは死に体」というのが本当の所ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の後を追う中国(国鉄編)

7月の中国高鉄事故以来、鉄道整備事業にブレーキが掛かっていたことは知っていましたが、まさか短期間にここまで状況が悪化しているとは思いませんでした。

 【上海=河崎真澄】中国で鉄道建設の中断や遅延が一段と深刻化し、工事路線の90%にあたる1万キロ以上がストップ状態に陥っていることが分かった。7月に浙江省温州市で起きた高速鉄道追突事故の影響で、自転車操業状態にあった鉄道省の資金繰りが急速に悪化しているためだ。

 中国紙、京華時報(電子版)によると、農村からの出稼ぎ労働者(農民工)ら約300万人が雇用契約の打ち切りや給料の未払い問題に直面。抗議活動など社会不安に結びつく懸念も指摘され始めた。

(中略)

 鉄道業界関係者は同紙に対し、鉄道省から鉄道建設大手2社への支払いが、1300億元(約1兆5600億円)以上滞っていると証言。このため、建設作業員への賃金も各地で3~6カ月分が未払いになっているという。鉄道建設は原材料や車両など幅広い分野を抱え、約1800万人の生活を支えている。工事中断が長引けば、政府への抗議が激化する可能性もはらむ。
中国鉄道建設、90%で工事ストップ 300万人への賃金未払いも

中国高鉄は鉄道省の直轄事業ですから、日本では昔の国鉄にあたります。当時の日本では国鉄の労働組合である国労が非常に強力で、それにより人件費が収益を圧迫した点もありましたが、中国では逆に賃金未払いというところに彼我の差を感じます。

それにしても、何処の国でもやはり国営鉄道は破綻する定めなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

民主党の大臣って・・・

今更ながら、こんな人しか居ないのでしょうか?

 平野達男震災復興担当相は18日、福島県二本松市で開かれた「民主党・新緑風会」の研修会での挨拶で、東日本大震災に伴う津波被害について「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなったが、しようがない」と述べた。

 平野氏周辺は「日頃から仲のいい人をバカなやつと口にすることがある」と説明するが、前任の松本龍氏が7月、「知恵を出さないやつは助けない」など被災者への配慮に欠けた発言で引責辞任しているだけに波紋を呼ぶ可能性もある。
「逃げなかったバカなやついる」 東日本大震災の津波避難で平野担当相

友人に対する親しみから出た言葉だったとしても、現職の大臣であることや前任者の辞任経緯を鑑みれば、公の場で発言する言葉ではないでしょう。

それに、仮に私が無くなった方の知人だったとして、いくら友人でも死者に鞭打つ様な発言には腹が立つと思います。民主党の幹部って本当に緊張感がないですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

韓国はロシアについたか

先日のエントリで、ロシアが北朝鮮の巨額債務を放棄する代わりに各種権益を得るクロス取引を成立させたことで、今後朝鮮半島への関与を深めそうだと書きましたが、北朝鮮が手土産に差し出した形の韓国でも、この話に乗ることにしたようです。

 【モスクワ=貞広貴志】ロシアのメドベージェフ大統領と韓国の李イ明博ミョンバク大統領が、11月初めにもサンクトペテルブルクで会談し、ロシアから北朝鮮経由で韓国に天然ガスを供給するパイプライン事業を、首脳レベルで推進する見込みとなった。

 関係筋が明らかにした。

 ロシア外務省は4日、南北朝鮮との共同事業を担当する「朝鮮半島・北東アジア経済事業担当大使」を新たに任命したことを明らかにした。北朝鮮との国境地域で整備していた鉄道(ハサン―羅津間)も今月13日に試験運転を行う方針で、ロシアは朝鮮半島への関与を加速させている。

 パイプラインについて、ロシアと北朝鮮の間では8月の首脳会談で建設方針が決まった。韓国ガス公社も9月、露国営ガス企業体ガスプロムと「ロードマップ(行程表)」に合意した。事業実現にはロシアと韓国の間でも首脳の合意が必要とされていた。
露が韓国とパイプライン、朝鮮半島へ関与加速

ロシアはサハリンや北方領土の開発プロジェクトでも韓国を「釣って」おり、今後ズブズブと抜けられない関係にしていくつもりなのでしょう。一方、韓国を冷たくあしらって離間の計を図っていた米国は何を考えているのでしょうか。世界恐慌でもありますし、朝鮮半島で動乱となることを企図しているのかもしれません。

また、中国も朝鮮半島がロシアの影響下に置かれることを決して良しとはしないはずで、恐らく日本と関係修復を図ってくるのではないかと思われます。日本は意外と米中等距離外交という、良いポジションを取れるかもしれませんね。

いずれにせよ東アジア情勢が、だんだん日清、日露両戦争の頃に近づいているのが不気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

中東のドミノ倒し(米国編)

チュニジア⇒エジプト⇒リビア⇒シリアときて、「次はヨルダンかしら?」とか思っていたら、ナント遥か彼方の米国に飛び火したようです。

【ニューヨーク山科武司】世界金融の中心地、米ニューヨーク・マンハッタンのウォール街周辺で経済格差の拡大に抗議する若者らのデモは700人以上が逮捕された翌日の2日も続き、1500人以上が集会に参加した。行き過ぎた市場主義に異を唱える運動はボストンやシカゴ、西海岸ロサンゼルスなど全米各地に拡大中で、海外に飛び火する可能性も浮上している。

 抗議運動はインターネットの会員制交流サイト・フェイスブックや簡易ブログ・ツイッターなどを通じて賛同者を増やしている。デモ参加者の一人はAP通信に「私たちの活動を伝える動画を見ている視聴者は3万人以上いる」と語った。

 ボストンでは、バンク・オブ・アメリカ前で約1000人が抗議、24人が逮捕された。共同通信によると、ロサンゼルスでは数百人が市庁舎近くに集まり、経済政策の恩恵を受けているのは人口の1%にすぎないとして「我々が99%だ」と書かれたポスターを手に大通りを練り歩いた。サンフランシスコ、シアトルなどでも抗議運動が行われたという。
米国:反格差デモ、全米に拡大 ネットで賛同者急増

そしてウォールストリートでは、デモ隊で埋まる通りを見下ろしながら、デモをサカナにシャンパンを掲げる金融マンたちの姿(0:50くらいから)が・・・

このビデオを見て想起したのが、フランス革命のマリー・アントワネットです。飢える民衆に対して、「パンが無ければ、ケーキを食べればイイじゃない?」と無邪気に曰わったマリー・アントワネットは、最終的に断頭台行きとなりました。さて、ココに写っている金融マンたちの最後はどうなるんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ITpro EXPO 2011にVVAULTで出展します

日本マイクロソフト様のご厚意により、来週12日~14日に掛けて東京ビックサイトで開催されるITpro EXPO 2011のマイクロソフトブース内に、弊社VVAULTが1小間お借り出来る事となりました。SBS-Eベースの各種デモも実演できるようにする予定ですので、EXPOに参加される方は、是非冷やかしにお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »