« VVAULT3.0をリリース | トップページ | 本ブログはFacebookに移行します »

2012年8月 7日 (火)

ロジテック様との提携

先月はセミナーやイベントなどが重なって書くのが遅くなりましたが、7月12日に大手ストレージベンダーのロジテックINAソリューションズ(以下、ロジテック)様とストレージ仮想化分野での業務提携を発表しました。同時にロジテック様から発表されたNASの新製品「LSV-5S4CW2シリーズ」から(もちろん、その後にリリースされる製品にも)、当社のVVAULTが標準搭載されることになります。詳細は以下のプレスリリースを御覧ください。

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 修、以下オレガ)は、ロジテックINAソリューションズ株式会社(本社:長野県伊那市、代表取締役社長:葉田 順治、以下ロジテックINAソリューションズ)とパートナー契約を締結して業務提携し、本日ロジテックINAソリューションズが発表した法人向けNAS製品「LSV-5S4CW2シリーズ」からオレガのストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)を標準搭載し、順次市場へ投入していくことを発表いたします。
オレガとロジテックがストレージ仮想化で提携
- ロジテックのNAS製品にオレガのVVAULTを標準搭載 -

今回の発表は先方の諸々の都合で急遽前倒しになったため、十分な準備期間が取れず、残念ながらニュースとしては取り上げられませんでしたが、当社の事業戦略上は非常に大きな意味を持ちます。

というのは、VVAULTの市場エントリー戦略として「ローエンドNAS市場をOEM製品で席巻する」という方針がありまして、このローエンドNAS市場の大手が既存OEMパートナーであるアイ・オー・データさん、今回新たにパートナーとなったロジテックさん、そしてまだパートナーになっていないバッファローさんの3社であるからです。つまり、製品の橋頭堡市場大手3社のうち、2社とパートナー契約が出来たということになりまして、VVAULTがターゲットセグメントのトップシェアとなることがほぼ確定しました(拍手)。ロジテックさんへのOEMライセンス供給はこれからですが、既に時期や条件を詰めており、近い内にOEMライセンス搭載機器をリリースできると思います。

その他の近況としては、SIパートナー様やディストリビュータパートナー様が増えてきており、今秋リリース予定のVVAULT4.0と合わせて、ミッドレンジ市場でも採用が増えてきそうな気配となって参りました。これもローエンド⇒ミッドレンジという市場戦略に沿った動きとなりますので、腰を据えて展開していきたいと考えています。

また、今秋はWindows8/Windows Server 2012のリリースというIT業界の一大イベントも重なりますので、VVAULTもこのビッグウェーブに上手く乗せて行きたいですね。まあ、まずは開発追い込みに入っているVVAULT4.0をキッチリとリリースするところから頑張ります。

|

« VVAULT3.0をリリース | トップページ | 本ブログはFacebookに移行します »

ベンチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100243/46612344

この記事へのトラックバック一覧です: ロジテック様との提携:

« VVAULT3.0をリリース | トップページ | 本ブログはFacebookに移行します »