ゴルフ

2011年9月14日 (水)

スポーツのスポンサーシップとは何か?

ゴルフの石川遼選手が、先週末の男子ゴルフツアー「トーシントーナメント」を2年連続で欠場した問題で、日本ゴルフツアー機構(JGTO)が理事会で欠場に対する厳罰化を決定したそうです。

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は12日、都内で理事会を行い、来季からシード選手が2年連続で同一大会を欠場した場合、現行の「罰金100万円」からさらに厳罰化に踏み切ることを決めた。

 発端は前週まで行われたトーシントーナメントで石川遼ら賞金ランク上位3人が欠場したことだった。石川は同大会のエントリーを済ませていたが、大会3日前の5日に「左肩違和感」を理由に欠場を発表。2年連続欠場の石川に対し10日、主催のトーシン・石田信文社長(51)は「マナー違反。選手をもっと縛り付ける規定を作ってもらわないと大会をやる側は大変」とJGTOに規定の改定を要求していた。

 JGTOは大会期間中、小泉直会長(72)ら幹部3人が1人ずつ石田社長と面談。JGTOによると、理事会ではプロゴルファーの青木功特別顧問(69)も「100万円さえ払えば、『出なくて良い』となりかねない」と意見したという。小泉会長も「規定を見直さなければいけない」と判断し、罰則強化を決めた。
連続同一大会欠場をさらに厳罰化…JGTO理事会で決定

この問題、そもそもトーナメントを主催したトーシンの石田社長がこのような発言をしたことが発端です。

 ◆男子プロゴルフツアー トーシントーナメント第3日(10日、三重・TOSHINレイクウッドGC=7010ヤード、パー72) 大会を主催しているトーシンの石田信文代表取締役社長(51)が、日本ゴルフツアー機構(JGTO)に対して不満を明かした。今大会は、賞金ランク首位の石川遼(19)=パナソニック=ら上位3人が欠場。選手の大会出場を促すための規定の強化を求めた。改善が見られない場合、来季の大会開催をやめ、女子ツアー主催に転換することを示唆した。韓国のドンファン(24)=フリー=が通算17アンダーで首位。2位で出た宮里聖志(34)=大和地所=は3打差の3位で最終日を迎える。

 怒りの矛先はJGTOに向けられた。石田社長は「選手をもっと縛り付けるような規定を作ってもらわないと、大会をやる側は大変だ」と話した。
遼欠場に主催者激怒「来季女子ツアーに」…男子ゴルフ

私も経営者の端くれですから、興業として見た場合のスポンサーの気持ちも分からんではないのですが、これって果たして石川選手やJGTOの問題なのでしょうか?

実は、このトーシントーナメントはツアーに昇格してまだ2年目の新設大会で、且つ賞金総額はツアー平均の1億3000万円に対して7000万円(優勝賞金1400万円)と、今年のツアーの中でも最低レベルの大会なのです。ちなみに前後の大会はこんな感じ。

  1. 9月第1週 フジサンケイクラシック 優勝2200万 総額1.1億
  2. 9月第2週 トーシントーナメント 優勝1400万 総額0.7億 ←ここ
  3. 9月第3週 ANA OP 優勝2200万 総額1.1億
  4. 9月第4週 Panasonic OP 優勝3000万 総額1.5億
  5. 9月末か10月第1週 コカコーラ東海クラシック 優勝2400万 総額1.2億

そして石川選手は、1は自分がディフェンティングチャンピオン、345は個人スポンサーの主催大会のため余程のことが無い限り休めないですし、その後も11月のHSBC(中国)とプレジデンツ・カップ(オーストラリア)を挟んで、12月の最終戦日本シリーズJTカップまで過密日程だそうです。

プロである以上、自分の体調と長期的な目標を考慮して出場大会を取捨選択することは必須だと思います。実際、今回は石川選手の他に上位2選手が欠場していますし、仮に肩のケガがなかったとしても、今回は休んだ方が良かった状況だと思います。

主催者側としては、確かに人気選手に揃って欠場されるのはダメージが大きいのでしょうが、そもそもスポーツのスポンサーシップというものは、そういうものではないでしょうか。厳しいようですが、石田社長は社業を頑張ってもっと賞金を積み上げ、選手の方から「ぜひ出場したい」と思われるような大会にするほか無いでしょう。トーナメントに昇格する前にはこんなことを語ってるんですから、よくお分かりだと思うんですが・・・

◆規定では、賞金総額5,000万円以上がツアーです。
 私は今回のチャレンジトーナメントで勉強して、いつかはツアーを開催したいと思っています。最初は賞金総額5,000万円で、運営費も極力抑えて、テレビも宣伝もいらない。賞金が安いとトッププロが欠場するという心配があるかも知れませんが、それでもいいじゃないですか。その分、普段はツアーに出られないチャレンジトーナメント選手やマンデー予選を通過した選手たちにチャンスが広がるのですから…。
「トーナメントは選手が“戦う場”。私たちのコースで、どんなプレーを魅せてくれるか、楽しみですね」

また、そもそもJGTOはスポンサーと選手の間に入って調整するのが仕事のハズ。石川選手にこんなコメントを出されているようでは、愛想つかされて海外に行かれるのがオチですよ。

 同一大会を2年連続欠場したことで、12日に日本ゴルフツアー機構(JGTO)が罰則強化の方針を打ちだした。石川は練習後、「バックスイングでの左肩の違和感は(先々週の)フジサンケイ・クラシックの時から傾向が出ていました。(先週は)エントリーをしていましたが、思い切って休みました。自分の立場で何を言えばいいかですが、ケガや故障は予測できない。(トーシン・トーナメントは)去年は全英オープンと重なり、今年は開催時期が変わったことで出場できると思っていましたが、2年連続の欠場となってしまい、タイミングというか間が悪くなり、残念です」と話した。
罰則の石川遼「ケガや故障は予測できない」

まあともかく、1ゴルファーとしてトッププロには活躍して欲しいと思っていますので、是非これを契機に運営を改善して、沢山の素晴らしいプレーを魅せてくれることを期待するばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

ダウンブローのドリル

ここ最近、ダウンブローのドリルに取り組んでいます。これが結構難しいんですよ。

Dsc_0009
こんな感じにボールを配置して、後ろ(右側)の3つのボールに当てないように前の2つのボールを同時に打ちます。ゴルフの教本とかによく書いてある「テイクバックの始動は真後ろに引く」をやると、テイクバック中に後ろのボールに当たってしまうので、始動時は最初にコックを入れて縦に上げるようにします。

トップでの切り替えし後は、グリップエンドをボールに当てに行く感じでコックをキープしたままダウンスイングを開始し、最下点付近でリストターンを使って上からヘッドを落として先(左)のボールを一緒に打ちます。上手く行くと真ん中のボールは真っ直ぐ綺麗な弾道で飛び出し、先のボールは正面に転がって行きます。このドリルを4I、3I、3Wの順にやります。

最初の頃は6Iでも難しかったのですが、慣れれば全番手で打てるようになります。今日は主に4Iと3Iで練習をしていました。このドリルでダウンブローに打てるようになると、アイアンが強い中弾道に変わって飛距離も伸びます。私も4Iでキャリー170y⇒180y超に伸びました。但し、私の場合は4Iの理論飛距離が193yなので、あと10y位は伸ばしたいと思っています。

Dsc_0011
ダウンブローで力強いアイアンショットを目指す人には、お薦めのドリルです。但し、こればかりやりすぎるとドライバーの調子を崩す可能性が高いので、ドライバーと交互に練習することが基本とのこと。あと半年くらいは集中して練習するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

あまりの暑さに短パンを購入

これまで夏のゴルフでも長いパンツを履いていたのですが、やっぱりとっても暑いのでとうとう短パンデビューすることにしました。買ったのは、ちょうどGDOで30%OFFセールをやっていたコレです。

ツアーステージにも良さげなのがあったのですが、希望色が売り切れだったのでこちらにしました。今週末も猛暑のなかホームコースに行く予定なので、涼しいといいなぁ。

最近はアイアンをダウンブロー化するスイング改造に取り組んでおり、お陰でアイアンの精度はグッと上がったのですが、好調だったドライバーが狂ってきてしまいました。師匠の某プロに聞いたところ、「ドライバーだけは別のクラブだと思った方が良い」とのことで、アイアンとFWはダウンでドライバーはアッパー(レベル)の二種類を使い分ける練習に励んでいます。

ここ2年くらいで飛距離はかなり出るようになったので、次の課題はドライバーとパターの精度向上ですね。この2つが調子良い場合は比較的簡単に80台が出ますが、今ひとつ安定しません。まだまだシングルへの道は遠い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

iPING スゴイ欲しい

クラブメーカーのPINGが最近発表したiOS向け無償アプリにiPINGというのがあります。これはゴルフのパターにiPhoneをセットしてパットをすると、プレーヤーのパットを数値で分析してくれるスグレモノ。最近、会社の携帯をAndroidに変更したんですけど、Android版も早く出して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

炎天下のゴルフは危ない

昨日はホームコースの大宮国際CCにゴルフに行ったのですが、あまりの猛暑にラウンド途中で倒れそうになりました。暑さ対策はして行ったつもりでしたが、思いっきり甘かったです。

友人と2人だったのでセルフの手引きカートにしたのも一因(普段大宮でプレーする時はキャディ付きが多い)ですが、それにしても暑すぎました。あまりの暑さに組み合せたメンバーさんの一人は前半で帰ってしまうし、帰り掛けにはクラブハウスに救急車(!)が停まっていました。あれは誰か熱中症で倒れたんでしょうね。車の外気温計を確認したら、39度になっていましたから・・・

懲りずに来週末もゴルフに行く予定ですが、今度は乗用カートなのできっと大丈夫。暑熱順化で体が暑さに慣れるまでは、しばらく手引きプレーは自重しようと思います。皆さんも、熱中症には気をつけて。

 熱中症にかかりにくくなる「暑熱順化」って何? 暑熱順化とは、暑さに体が適応した状態のこと。順化前後で最も違うのは汗腺の働き。順化すると汗腺の機能が高まり、汗が出て行くときに汗腺でナトリウムが再吸収される。その結果、塩分の少ないサラサラの汗がかけるようになる。

 熱中症対策として、今すぐ始めたいのが暑さに体を慣らす「暑熱順化(しょねつじゅんか)」だ。暑熱順化とは、夏の暑さに耐えられる体になること。「かつては誰でも梅雨の間に暑さにさらされ順化したが、冷房のある環境で過ごす人が増えた今は積極的に順化するための対策が必要」と星教授。梅雨明けまでに順化しておけば、熱中症にかかるリスクをぐんと下げられる。
熱中症にかかりにくくなる「暑熱順化」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

スイングの矯正

 8月に100切りを果たしたまでは良かったが、91、94と2回続いた後は、また3桁に逆戻りしてしまった。90台が出ていた時はドライバーの調子が良く、殆どがドローで稀にフェード(スライス?)が出る程度だったのだが、ここのところ酷いスライスが連発するようになってしまい、OBばかりとなってしまっている。

 逆に、それまでは引っ掛けることが多かったショートホールでのティーショット(9I~7Iくらい)は、スクールでの集中練習効果が出たのか、狙い通りのちょいドローでベタピンに付けられるようになった。また、ショートゲームも夏よりは格段に上達している。にもかかわらずスコアが逆行しているのは、やはりティーショットをミスってるからだろう。

 早速、スクールのコーチに相談してスイングを見てもらったところ、「軌道がアウトサイドインになっている」とのことだった。おかしい・・・。ショートアイアンの矯正時にも同じことを言われて、キチンとスクエアに戻したはずで、だからこそショートホールでバーディやパーが取れるようになったのに。まあ、そうは言っても曲がっているものはしょうがない。淡々と矯正するのみである。ただ、今回は矯正している途中に色々なことに気付くことが出来たのが収穫か。

 まず、これまではドライバーのスタンスが広すぎたかもしれない。なるべく力を入れて素早くスイングしようとすると、ハニカミ王子ばりに幅広スタンスとなるハズだが、どうもスイングが「ビュン」と凄い音を立てる割にはあまり飛ばない(練習場でキャリー200、コースで240くらい)。これは前から疑問だったのだが、今回軌道矯正するにあたって、スタンスを狭めた方がインサイドアウトに振りやすいことに気付いた。

 次に、スタンスを変更したことに伴って、トップの位置やテークバックも見直してみた。以前はボディーターンと腕の回転に意識を集中させていたのだが、軌道を大幅に変更したことで意識をヘッドに持っていけるようになった。これはこれまでに無かった感覚。なんかヘッドが軽いし走る。

 試しにいくつか打ってみると、軽く振っているにもかかわらず飛距離は全然変わらないし、コントロール性も向上したような気がする。もう少しこのスイングで練習すればさらに早く振れそうなので、しばらくはこのスイングを特訓してみようと思う。始めて一年の来春までに、90切りを達成することが現在の目標。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

最近ゴルフにはまっている

 久々にスポーツの趣味を始めた。それはオジサンの定番スポーツ、ゴルフ。別のところでは始めた頃から紹介していたのだが、こちらに書くのは初めてだったかな? 昨年転職してきた営業部長がゴルフ大好きで、昨年末に「やろう、やろう」と言われてその気になり、2月から練習場へ通い始めたのである。

 実は、30代も半ばに差し掛かり、人間ドックへ行くたびに「何か運動をするように」と言われ続けていたのだが、平日の時間が不規則なこともあり、なかなか実現できなかった。ゴルフのお誘いも幾人かの方からいただいたことがあったのだが、高校以来インドア派で通してきたこともあって、踏ん切りがつかなかったのだろう。

 ところが、今回はいきなりコースに出る、しかも取引先の偉い方とというスケジュールを2月末に組まれてしまい、やらざるを得なくなった。やると決めたらのめり込む性分の私である。何せ、始めてからコースデビューまで1ヶ月もないので、まずは誰かに習わなければまともにプレーできないだろうということで、早速、道具を調達してきて練習場のスクールに入った。

 最初はまともに飛ばなかったのだが、9番アイアンばっかり1ヶ月も練習すると、それなりに打てるようになるものである。最初のコースデビューは、何とか140で終了することができた。まあ、当日は風が物凄く、一緒に廻ったメンバーの方々もスコアが良くなかったようなので、OKレベルである。

 但し、練習場でそれなりに打てるようになっていた私は、「この分なら、もしかして120くらいで廻れるかも (゚∀゚)」と淡い期待を抱いていたのもまた事実である。「それなりに勝ち負けにこだわる」タイプの私は、このときの140というスコアが許せなかったのか、その後も毎週スクールに通い続け、ドンドンとコースにもチャレンジした。

 そして先日、ベストスコア94(後半ハーフ41!)を叩き出し、めでたくゴルフ開始当初に周囲に宣言していた「今年中に100を切る」を実現したのである(笑)。一応、宣言よりも半年前倒しであることを付け加えておこう。

 ゴルフを通じてお会いした方々には、齢80を超えようかという超先輩(しかも上手い)もいらしたのだが、彼らのプレーを見ているとゴルフが長い期間続けられるスポーツであることが良くわかる。経営者として健康管理にも気を付けなければならない一方、ただの運動ではなかなか続けられないことからも、この段階でゴルフを始められたのは良かったと思う。

 まずは、楽しく長く続けることを目的として、次は90切りを目指して練習していこう。そして、この変化が当社の経営にも活かされるようにしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)